カテゴリー「山行計画」の70件の記事

2011年7月10日 (日)

山行計画:燕岳・槍ヶ岳

遅くとも1週間前に休暇申請しなければ行けない状況だったりするし、7月には友人の誕生日が2つもあったり、8月20日には沼南ビーチで踊ったりするイベントがあったり…ということで、ざっくりでも予定を立てておかないと、あっという間に夏が終わってしまいそうなので、8月初旬に燕岳・槍ヶ岳に行こうとちょっと考えている。

山頂に立つことにはそれほど執着はない。アルプス銀座を気持ちよく歩きたいのと、槍ヶ岳山荘でテン泊するのが目当て。

槍沢、梓川沿いにまた下ってくるのもなぁと考えて他のルートも夢想してみたが、北穂高岳~奥穂高岳~前穂高岳~上高地というのはあまりにむちゃだね。北穂高岳~奥穂高岳山荘がちょっとすごすぎ。ぼくの場合、別に山にスリルやチャレンジを求めている分けじゃないし。

奥穂高岳は涸沢からかな。でも涸沢は、別に山頂に登ることなくあそこで数日テン泊だけしているというのにも惹かれるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山行計画:北岳

先日の薬師岳・観音岳の山行記もまだ書いていないのに、次の山行計画。でも、サラリーマンのような生活をしていたら、山に行けるのは週末だけ。しかも高山の夏は短い。海にも行きたかったりするし。山、行けるときに行っちゃわないとね。

ということで、三連休のざっくりしたプラン:

16日 土曜
かいじ105号
新宿発 11:30
甲府駅着 13:10
バス
甲府駅発 14:00
広河原着 15:56
広河原テン泊
17日 日曜
広河原発 04:30
北岳肩ノ小屋着 10:00
18日 月曜
北岳下山 05:00 (想定:6時間)
広河原着 11:00
バス:
広河原発 12:45
甲府駅着 14:41
電車:
かいじ116号
甲府駅発 15:25
新宿着 17:07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月30日 (木)

山行計画:鳳凰三山・観音岳、天気予報悪化

暑い日が続いたので、にわか雨はしょうがないと覚悟していたのだが、こうして天気予報にまで雨が出ると、どうしようかなと思ったりする。 実は翌週末、北岳と考えていたのだが、順延した方がいいのか? 雨の中の焼き肉というのも、まあ悪くないような気もするし…。

天気予報対象場所 韮崎
発表時刻(予報対象日) 天気 気温(高/低:℃) 降水確率(%) 風速(m/s)
6月25日13時(7/2) 曇り時々晴れ 30/21 30
6月26日14時(7/3) 曇り 30/21 40
6月30日29時(7/2) 曇りのち雨 30/22 50
6月30日29時(7/3) 曇り 30/22 40

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

山行計画:観音岳・薬師岳

7月2日の韮崎の天気予報は曇り時々晴れなので、早速チケットを購入した。

トクだ値切符なら35%引き。早く予約しないとあっという間になくなってしまうので、天気が悪くなさそうならさっさと予約してしまう。最悪、1席300円(往復なら600円)でキャンセルできる。

ということで、ざっくり立てた計画のメモ:

予定作成

ウェザーニュースで韮崎の天気をチェック。7/2土曜日は曇り時々晴れ、降水確率30%。これならいけるだろうと、計画を立て始めた。

えきねっとで電車を確認。まだトクだ値切符が8:00新宿発スーパーあずさ5号、8:30新宿発あずさ7号、9:00新宿発あずさ9号で△。さっきみたときには7:00新宿発のスーパーあずさ1号も△だったような気がするが、すでに×になっている。いま予約を入れておいた方がいいか?

2010年9月18日には、8時のあずさで新宿を出て、10時甲府発のバスに乗っている。これで14:30には南御室小屋についている。今回も先を急ぐ山行ではないので、これ行こうと思う。

甲府の日の出

7月3日 04:34

http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/

2010年9月18日の時には南御室小屋から観音岳まで1時間40分。10kgほどの荷物を背負っていた。今回、空荷でいけば1時間30分以下でいけるだろう。3時前に南御室小屋を出発すれば観音岳で日の出を見られそうだ(天気が良ければだが)。

そこで30分ほど景色を楽しんで(朝食も?)、南御室小屋に戻る。地図では1時間40分かかることになっているが、空荷であることも考えると1時間もあれば南御室小屋に着けるのではないか? とすれば6時に南御室小屋。ここでゆっくり朝食にするか、、それとも景色のいい観音岳で朝食とするか。いずれにしても6時半ぐらいには下山開始できそうだ。

登りは地図だと5時間半だが実際には前回3時間。55%ぐらいの所要時間。下りは地図だと3時間40分。登りと下りを一緒には扱えないが仮に地図の時間の70%で下山できるとすれば2時間30ぐらいで夜叉神登山口に着く。9時には下山できてしまうことになる。

甲府行きのバスは11:06発。その1つ前のは08:46。08:46はどんなに頑張っても無理だろう。11:06に乗るのであれば、そんなに急いで下山する必要もない。下山に3時間かかるとしても8時に南御室小屋を出発すればいいことになる。

11:06のバスは甲府に12:16に到着するので、15:55甲府発のスーパーあずさよりも早い便で帰ってこられそうだ。

ということで、帰路のチケットを変更した(原則1回しか変更できないんだ! 注意しないと)。

往路

2011年7月2日土曜
出発 所要時間 到着
時刻 場所 実際時刻 時刻 場所 実際時刻
11:20 夜叉神峠登山口   0h45m 12:11 夜叉神峠  
12:15 夜叉神峠   0h50m 13:12 杖立峠  
13:15 杖立峠   0h50m 14:12 苺平  
14:15 苺平   0h35m 14:55 南御室小屋  
  合計   3h00m      

復路

2011年7月3日日曜
出発 所要時間 到着
時刻 場所 実際時刻 時刻 場所 実際時刻
2:40 南御室小屋   1h10m 4:00 薬師岳  
4:00 薬師岳   0h30m 4:34 観音岳  
5:20 観音岳(下山)   0h20m 5:43 薬師岳  
5:45 薬師岳   0h50m 6:42 南御室小屋  
7:15 南御室小屋   0h28m 7:47 苺平  
7:50 苺平   0h45m 8:41 杖立峠  
8:45 杖立峠   0h45m 9:36 夜叉神峠  
9:40 夜叉神峠   0h28m 10:12 夜叉神峠登山口  
  合計   5h16m      

続きを読む "山行計画:観音岳・薬師岳"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

山行計画:鳳凰山 復路:観音岳→夜叉神峠登山口

地蔵岳には行かないので、鳳凰「二」山のこのハイキングの復路の行程:

復路

20101011日日曜

出発

所要時間

到着

時刻

場所

実際時刻

時刻

場所

実際時刻

6:30

観音岳

 

0h20m

6:53

薬師岳

 

7:00

薬師岳

 

0h50m

7:57

南御室小屋

 

8:00

南御室小屋

 

0h28m

8:32

苺平

 

8:35

苺平

 

0h45m

9:26

杖立峠

 

9:30

杖立峠

 

0h45m

10:21

夜叉神峠

 

10:25

夜叉神峠

 

0h28m

10:57

夜叉神峠登山口

 

 

合計

 

3h36m

 

 

 

計算上はぎりぎり11:07のバスに乗れるはずだが。ガイドブックで5時間半の道を3時間半で本当に降りてこれるのか。帰りの列車のチケットも予約したので、これに乗り損ねるとちょっと困るのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

山行計画:鳳凰三山 2,010年10月10,11日

前回2010.9.1921日に行ったときのデータ

行程

ガイドブック所要時間(G)

実所要時間(A)

A/G

夜叉神峠登山口→南御室小屋

5時間30

3時間

0.55

南御室小屋→薬師岳(未明)

1時間30

1時間10

0.77

薬師岳→観音岳

45

30

0.67

ガイドブックの示す所要時間を元にぼくの実際の下山所要時間を想定すると、

行程

ガイドブック所要時間(G)

G x 0.77

G x 0.7

観音岳→薬師岳

30

25

20

薬師岳→南御室小屋

1時間10

55

50

南御室小屋→夜叉神峠登山口

3時間40

2時間50

2時間35

合計

4時間10

3時間45

ガイドブック掲載の所要時間の、最悪でも77%で下れると想定すれば、実下山所要時間4時間10分。11時に夜叉神峠登山口につくためには6時半には下山開始の必要がある。

70%と想定すれば3時間45分。7時に下山開始すれば間に合う。

実際はもう少し早く歩けるんじゃないかと思うが・・・思案のしどころだ。

1011日、甲府の日の出は548分。6時半出発だと慌ただしそうだなぁ。紅葉を見る暇もなさそうだ。

13:16夜叉神峠登山口発に乗るとすれば、下山所要時間4時間とみても、9時に下山開始すればいいことになる。

11:06発のバスよりは混でそうだが、慌ただしい日程よりも余裕を持っておいた方がいいか。一回このルートで下山してみればどのぐらい時間がかかるかわかるから次回はより緻密な計画を立てられるけれど、今回は初めてだから余裕を持っておくべきだろう。

ここでガイドブックと言っているのは「山と高原地図41 北岳・甲斐駒」なのだが、「ヤマケイアルペンガイド10 南アルプス」のデータと比較してみても、おおむね変わらない。

行程

山と高原

アルペンガイド

夜叉神峠登山口→南御室小屋

5時間30

5時間10

南御室小屋→薬師岳

1時間30

1時間30

薬師岳→観音岳

45

1時間

行程

山と高原

アルペンガイド

観音岳→薬師岳

30

40

薬師岳→南御室小屋

1時間10

1時間10

南御室小屋→夜叉神峠登山口

3時間40

3時間40

それにしてもJRの「トクだ値」はめちゃめちゃお得。仮に東京から甲府まで普通に中央線特急指定席(新宿から特急を利用)を使うと4,020円になるが、トクだ値を利用すると、2,800円! 制約は多いけれど、うまく利用すると南アルプスにより気軽に行ける。

続きを読む "山行計画:鳳凰三山 2,010年10月10,11日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

山行計画:雲取山 ツェルト泊

雲取山(東京都)

天気予報対象場所 奥多摩
発表時刻 天気 気温(高/低:℃) 降水確率(%) 風速(m/s)
5月2日15時 5/3晴れ 21/8 10 4
5月2日15時 5/4晴れ 20/8 10

アクセス:

○池袋
|  7:05発|    西武池袋線(快速急行)[三峰口行]42分
↓飯能|    西武秩父線(各駅停車)[三峰口行]59分
| △8:50着
■西武秩父

西武秩父駅バス停.jpg

バス:三峯神社線(6番乗り場)

西武秩父駅発 9:10
三峯神社着 10:25

ルート


三峯神社バス停→霧藻ヶ峰→白岩小屋→雲取山荘(ツェルト泊)→奥多摩小屋→鴨沢

日程

2010年5月3日月曜
出発 所要時間 到着
時刻 場所 実際時刻 時刻 場所 実際時刻
10:45 三峯神社バス停   0h20m 11:08 妙法ヶ岳分岐  
11:10 妙法ヶ岳分岐   1h15m 12:36 霧藻ヶ峰  
12:40 霧藻ヶ峰   0h15m 12:57 お清平  
13:00 お清平   1h20m 14:32 白岩小屋  
14:35 白岩小屋   1h10m 15:55 大ダワ  
16:00 大ダワ   0h30m 16:34 雲取山荘  


2010年5月4日火曜
出発 所要時間 到着
時刻 場所 実際時刻 時刻 場所 実際時刻
3:30 起床   0h20m 3:53 雲取山荘  
4:00 雲取山荘   0h30m 4:34 雲取山(4:48日の出+朝食)  
5:10 雲取山   0h20m 5:33 小雲取山  
5:35 小雲取山   0h15m 5:52 奥多摩小屋  
5:55 奥多摩小屋   0h20m 6:18 ブナ坂  
6:20 ブナ坂   0h30m 6:54 七ツ石山小屋分岐  
6:55 七ツ石山小屋分岐   0h25m 7:23 堂所  
7:25 堂所   1h20m 8:57 小袖乗越  
9:00 小袖乗越   0h20m 9:23 鴨沢  

バス:鴨沢→奥多摩駅

09:32→10:10
11:01→11:36
11:32→12:10



●奥多摩
|  10:26発|    JR青梅線(普通)[青梅行]37分
|  11:03着
○青梅
|  11:10発|    JR青梅線(快速)[東京行]16分
|  11:26着
○拝島
|  11:40発|    西武拝島線(拝島快速)[西武新宿行]17分
↓小平   |    西武新宿線(拝島快速)[西武新宿行]22分
| △12:20着
○高田馬場



●奥多摩
|  11:54発|    JR青梅線(普通)[青梅行]37分
|  12:31着
○青梅
|  12:31発|    JR青梅線(青梅特快)[東京行]31分
↓立川|    JR中央線(青梅特快)[東京行]26分
|  13:29着
○新宿

続きを読む "山行計画:雲取山 ツェルト泊"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

奥多摩、24日21時

気温1度、北の風4m/sの予報。明け方にはマイナスだろうな。山頂ではマイナス8度ぐらいにはなるんじゃないだろうか。やっぱ、中止にするのが賢明だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

山行計画:ツェルト泊

まだ決めかねている。

一応、ウィスキーとつまみは買ってきた。明日、明後日は仕事の後まっすぐ踊りに行ってしまうので、用意するなら今晩しかない。

この山行は(決行するとしたなら)、ツェルトで夜を明かすことにあるので、歩くこと自体はサクッと登ってサクッと下山する予定。ということで、当然酒が重要になってくる。一応酒の準備はしたので土曜の朝までに決定すればいいことになる。

2つの懸念:1)水場が涸れているかもしれない、2)この寒さには装備が不十分かもしれない。

ここのところの雨を考えれば懸念点1は排除しても良さそう。2は、回避策がいくらでもあるだろう。

ようするにやる気か…。

何を好きこのんで氷点下の山頂で寒さに震えながら酒を飲むのか…自宅でぬくぬくしながらビールを飲んだ方が絶対いいと思うのだが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

山行計画:白峰三山

もう初氷・初霜が観測されているらしい。行動中も、秋冬低山の山歩きの衣類に切り替えることにした。食料が2kg。大きすぎると思っていたタロン44がパンパンに。

日本アルプス、今年はこれが最後かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧