カテゴリー「ニュース」の73件の記事

2010年10月14日 (木)

北岳バットレス崩落

人気登山ルート一部消失

 ロッククライミングの名所として知られる南アルプス北岳の山頂東側のバットレス(大岩壁)で男性が落石を受けて死亡した事故は、バットレス第四尾根の通称「枯木(かれき)のテラス」付近で起きた大規模な岩盤崩落が影響していることが13日、山岳関係者への取材で分かった。関係者によると、落石規模は縦30メートル、横40メートル、深さは少なくとも20メートルに上るといい、最も人気のある第四尾根の登攀(はん)ルートは一部消失した。同日にはクライマー3人が身動きできず、ヘリコプターで救助された。南アルプス市などは、バットレスへの入山自粛を呼び掛けている。

やっぱり自然は怖いね。こういうのは、準備不足とか、ガイドがどうこうとかじゃなく、予測し得ないもの、運が悪かったっていうものだから。

八本歯のコルはしばらく通れなくなるのだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

スコット・フィッシャー、ロブ・ホールの遺体収容?

「墓場エベレスト」でスイス人登山家の遺体をシェルパが発見

  今回彼らは、1996年にほかの登山家7人とともに遭難したアメリカ人登山家のスコット・フィッシャーと伝説のニュージーランド人登山ガイド、ロブ・ホールの遺体も収容した。この遭難事故は、ジョン・クラカワーのベストセラー『空へ――エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか(Into Thin Air)』の題材となった。

検索してみたが、この元ネタが見つからない。

Body of Swiss climber found on Everest

これは5月14日付。ただし

They are hoping to discover the remains of the American, Scott Fisher, and the New Zealnd climber, Rob Hall.  Both of the men perished in 1996.15 people died that year, 8 in a single day.

収容したとは言っていない。

どうなんだろう、実際のところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野呂川広河原インフォメーションセンター、完成

6月15日オープン。

6月26日にオープンセレモニーだそうだ。

南ア登山の拠点完成 最新の天候情報も 来月15日「広河原センター」開所 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

船形山遭難の3人、無事救助される

船形山遭難:男女3人無事下山

続きを読む "船形山遭難の3人、無事救助される"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

ニュース:テントは設営したのか、しなかったのか

南アルプス聖岳の遭難:救助の夫婦「判断甘かった」

 長野との県境にある南アルプスの聖岳(標高3013メートル)から2日に無線で救助要請した静岡市駿河区八幡5、会社員、掛川義孝さん(45)と妻浩世さん(45)は4日午前、山頂近くにいるところを県警のヘリコプターによって救出された。2人は手足などに凍傷を負っているが、命に別条はないという。

 搬送先の県立総合病院(静岡市葵区)で同日夕、義孝さんが会見し、「強風で妻が動けなくなりテントを張って天候の回復を待った。ヘリに発見された時はほっとした。天候が荒れることは聞いていたのに、自分の判断が甘かった」と謝罪した。【大西量】

テントを張らずに、テントで身を包んだという報道(昨日の記事)もある。

「判断が甘かった」と思っているのは結果論だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

ニュース:南アルプス聖岳で救助された夫婦

冬山の怖さ語る『強風で立って歩けず』 聖岳で救助された静岡の男性(中日新聞)

 掛川さんは妻浩世さん(45)と知人男性(34)と先月29日に入山。尾根を縦走中、強風で妻が動けない状態に。「晴れていてもつらい。ひどい時は、四つんばいにならないと進めないこともあった」と振り返った。

 2人は、強風に吹き飛ばされる不安からテントを設営せずに、テントで身を包むようにして寒さをしのいだという。救助を待っている間は、「大丈夫か」「寒くないか」と励まし合った。掛川さんは「今までの経験の中で一番ひどい風だった。自分の判断が甘かった」と悔やんだ。

 掛川さん担当の八木宏明医師によると、掛川さんは顔、指先、足に凍傷を負っており、足は重傷で、1~2カ月の入院が必要。浩世さんも指先などに凍傷を負っているが、軽傷という。

続きを読む "ニュース:南アルプス聖岳で救助された夫婦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

ニュース:山田さんのパーティ、全員無事救助される

北アルプスの立ち往生7人、ヘリで無事救助(Yomiuri On Line)

 岐阜県飛騨市神岡町打保の北アルプス

(1996メートル)で、東京都武蔵野市西久保、山岳ガイド山田哲哉さん(55)ら関東地方の7人パーティーが大雪で動けなくなり、4日朝、同県警のヘリコプター「らいちょう2」に救助された。

 けがはなく、全員元気という。

 同県警飛騨署の発表によると、パーティーは30歳~50歳代の男性5人、女性2人。先月29日から1日までの計画で入山していた。3日早朝、富山県警を通じて岐阜県警に救助要請があり、同県警は4日、寺地山の1840メートル付近にいた7人を見つけた。

 山田さんはガイド歴16年のベテラン。救助後、同県高山市内のヘリポートで「31日に(富山県境の)黒部五郎岳を目指したが、雪がかなり積もっていたので進めず引き返した。下山が可能と思ったが、1日は600メートルしか進めなかった。心配をかけて申し訳ない」と話した。

 救助されたほかの6人は次の通り。

 東京都八王子市高倉町、会社員安藤佳延さん(39)▽横浜市緑区、エンジニア井口達也さん(48)▽千葉市花見川区、公務員金内佳子さん(36)▽栃木県栃木市平柳町、会社員川合昇さん(42)▽茨城県下妻市若柳甲、公務員古谷野淳さん(33)▽神奈川県大和市中央林間、教員本郷順子さん(50)

(2010年1月4日10時44分  読売新聞)

続きを読む "ニュース:山田さんのパーティ、全員無事救助される"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月 3日 (日)

ニュース:北アで男女7人救助要請 携帯電話で連絡、けがなし

北アで男女7人救助要請 携帯電話で連絡、けがなし

 3日午前6時ごろ、岐阜県飛騨市の北アルプス寺地山(1996メートル)を登山中の男女7人から「大雪のため身動きできなくなった」と、携帯電話で救助を求める連絡があった。岐阜県警によると、7人にけがはなく元気な様子という。

 県警によると、7人は山頂付近で救助要請しているとみられる。猛吹雪の悪天候に加え、登山口付近には約3メートルの積雪があるため、4日早朝からヘリコプターで救助に向かうという。7人は同じパーティーで12月29日に入山、1日に下山する予定だった。

 7人は東京都武蔵野市、山岳ガイド山田哲哉さん(55)、東京都八王子市、会社員安藤佳延さん(39)、横浜市緑区、エンジニア井口達也さん(48)、千葉市花見川区、公務員金内佳子さん(36)、栃木県栃木市、会社員川合昇さん(42)、茨城県下妻市、公務員古谷野淳さん(33)、神奈川県大和市、教員本郷順子さん(50)。

山田さんて、『縦走登山』の山田さんか? この本によれば’54年生まれになっているから、年齢的にも一致する。

縦走登山 初心者からリーダーまで、無雪期の宿泊を伴う縦走登山に必要な知識と技術を解説   [本]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュース:遭難の現場

読売新聞の連載

高まる登山ブーム ――遭難の現場(上)

万が一の備え明暗 ――遭難の現場(中)

再発防止のカギ ――遭難の現場(下)

 世界的な登山家、野口健さんは「どんなベテランでも遭難しない保証はない」と切り出す。1984年、北米のマッキンリーで消息を絶った植村直己さんの遭難原因について詳しく分析が行われていない実情に触れ、「遭難には必ず登山者本人のミスがある。経験や経歴が立派だからといって、遭難した原因を追究しないのは登山家のおごりだ」と語気を強める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

ニュース:八ヶ岳・赤岳 不明男女、遺体で発見

八ヶ岳・赤岳 不明男女、遺体で発見(山梨日日新聞)

2009年12月25日(金)

八ヶ岳・赤岳 不明男女、遺体で発見
女性は凍死 風強く体温低下?

 北杜市大泉町の八ケ岳連峰の主峰・赤岳(2899メートル)で行方不明となった男女2人について、北杜署が地上から派遣した捜索隊は24日、標高約2700メートルの大天狗付近の岩場で発見した。県防災ヘリコプター「あかふじ」で収容、搬送先の病院で死亡が確認された。女性の死因は凍死だった。捜索隊によると、岩壁を横切っていたところ、低体温症になった可能性がある。2人が入山したとみられる18日前後は強風が吹いていて、登山を断念するグループもあった。

続きを読む "ニュース:八ヶ岳・赤岳 不明男女、遺体で発見"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧