カテゴリー「グルメ・クッキング」の4件の記事

2011年8月 6日 (土)

クッカーでご飯を炊いてみる

アルファ米の方が軽いし、後片付けも簡単だし、用意するのも手間がかからないから、不通の米をわざわざ炊く必然性はないと思われるのだが、暇つぶしにクッカーでご飯を炊いてみた。

チタンでは2度やってみたがいずれも激しく焦げてしまった。アルミだと1度で焦げなくおいしくできた。

1カップの無洗米、水260ml。30分浸しておいてから調理。実際に火にかけている時間は15分程度。10分蒸らしたら芯のないおいしいご飯ができた。

あらかじめ30分浸しておかなければならないところを除けば、調理時間はそれほどかからない。まったく浸さずに炊いてみるのを試してみたいが、今日はもう十分ご飯を食べたからまたいずれ。

標高が高いところで炊くとまた事情は変わってくるんだろうなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

山ランチ:乾燥パスタ2

150gで再度実験。
200gで実験しようとしたが、ふきこぼれが明らかと思われ、50g減らした。
水600ml。
これだけで900mlのクッカーの800mlのラインまでいっぱい。
ゆで時間11分。
ゆであがり後の残り水:300ml。
ゆであがり後の麺:300g。
300gあれば、とりあえず2人分のランチになるのではないだろうか。
パンか何かを一緒に持っていけば十分だろうと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

山ランチ:乾燥パスタ

先日は生パスタを実験したので乾燥パスタ。

先日の実験では、1回目100g、2回目200gと実験して、それをすべて食べて気持ちが悪くなったので今回の実験では100gだけにしておいた。

水400ml、Spiga di Pugliaとかいうねじりハチマキのようなパスタ(表示ゆで時間9分)100gで実験。

ゆで時間10分強。ゆであがり後の重量200g。残ったゆで汁は200mlくらい。

ゆで汁はスープに使えないほどのり状にはならなかった。

生麺に比べると泡立ちが強いので吹きこぼれやすい。

ぼくの900mlのクッカーでは、200gの乾麺をゆでようとすると吹きこぼれて大変なことになるだろう。二人分の乾麺をゆでるには900mlのクッカーでは小さすぎると思われる。

200gゆでるためには少なくとも600mlくらいの水は必要と思われるので、重量的にも、調理時間的にも、生麺を持っていった方がよさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

山ランチの研究:生パスタ

先日の丹沢山山行では無印良品のリゾットを試してみた。

リゾットは嫌いではない。調理時間が足りなかったのか、消化不良というかおなかにもたれるような気がした。1人前150g。60gの水を加えて調理する。

2人分だと420g。

カップ麺だと1人あたり300g程度の水がいるのでそれよりは軽いのだろうが、150gのリゾットとカップ麺1つと、どちらが満足感があるか…。

食料の重さも結構バカにならないので、実験を始めた。

続きを読む "山ランチの研究:生パスタ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)