« 山行ツール:ファイントラック ツェルトII | トップページ | 山行ツール:モンベルバーサライトジャケット&パンツ リコール »

2012年5月23日 (水)

山行記:奥多摩小屋~七ッ石山~高丸山~日陰名栗山~水根 2012年5月19-20日

奥多摩小屋・水根(東京都)

 

2012/05/19-20(ツェルト泊)

鴨沢~奥多摩小屋(泊)~七ッ石山~高丸山~日陰名栗山~水根バス停

荷物総重量:7.4 kg(含む:水:1 L)

鴨沢―奥多摩小屋(CT:4時間30分):3時間10分

奥多摩小屋-七ツ石山(CT:40分):30分

七ツ石山-高丸山(CT:なし):50分

高丸山-日陰名栗山(CT:なし):20分

日陰名栗山-鷹ノ巣山避難小屋(CT:なし):20分

鷹ノ巣山避難小屋-水根(CT3時間10分):2時間25分

日程

往路

鴨沢:予定11:20 (or 14:00):実際

奥多摩小屋:予定15:50 (or 17:10):実際

復路

奥多摩小屋:予定06:00:実際

七ツ石山:予定06:40:実際

鷹ノ巣山:予定08:35:実際

奥多摩湖BT:予定11:35:実際

装備

Golite Jam M(背中のクッションなしだと830g) 47L    878

ライター1つ15g    30

エスビット ミリタリー 1箱90g    180

キャプテンスタッグ スタッキングボウル    47

アルミ製フォークとスプーン     20

キャプテンスタッグ フライパンM-7892 16cm    140

ブラックダイヤモンドディスタンス120cm    361

アライテントステックペグ 8本    80

ファイントラック ツェルトII    330

銀マット    100

サーマレストリッジレスト ソーライトS    247

プロモンテピロー0171(袋なし)    94

U.L.スパイラル ダウンハガー #2    730

モンベル バーサライトジャケット    160

モンベル バーサライトパンツ 袋なし    83

GPS:Garmin Vista HCx 単3x2入    210

ミズノ ジャケット リフレクションギア    256

ハイドレーションチューブ    63

予備電池:単3x2;単4x2    150

ビクトリノックス    25

イスカ ザックカバー    96

トイレットペーパー    30

プラティパス1L    25

デリオス    42

エバニュー2L    45

    4,422

食糧

チヂミセット(夕食)

ワイン500ml

チーズ

アルファ米100g

ビビンバセット

焼き豚90g

生卵

カロリーメイト2箱

行動記録

先週同様帰宅したのは朝の3時過ぎ。今回は11時前に自宅を出発し奥多摩には13:01に到着。

13:10発の丹波行きのバスに乗車。

13:44鴨沢下車。

13:55鴨沢発。同じく登る男性、1名のみ。

14:15小袖乗越

鴨沢からのルート、とにかく長くて単調。ブナ坂に至るまで景色もあまり開けていない。斜度は緩やかなので肉体的にはきつくないのだが。

15:43七ツ石小屋分岐

進行方向左手がよく踏まれたルート。右手に道標がある。ここからの登りは結構きつい。

16:03七ツ石小屋

水場あり。ビールや飲み物、ラーメン等の食事もあり。テン場は2張りぐらいかな。

素泊まりもできる。富士山も望めて、景色もいい。

奥多摩小屋ではビールが手に入らないので、ここでテン泊するのも悪くないかもしれない。水場も近いし、トイレもある。

ここまでなら2時間ちょっとで来られるし。

16:10七ツ石小屋発

地図では七ツ石神社に出て七ツ石山経由でブナ坂にいくルートがあるはずなのだが、見つからなかったので結局、西側を大きく巻くルートになってしまった。

16:40ブナ坂

ブナ坂から奥多摩小屋までのルート、ちょっと登るカ所が何カ所かあるのだが、新港宝幸右手に注意していると巻道がある(確か3カ所)。

 

ブナ坂から奥多摩小屋までコースタイムは40分なのだが、20分ぐらいで着いてしまうので、ブナ坂を過ぎるとあっという間に着いてしまったという印象を受ける。すぐヘリポートが見えてくるせいもあるのだろう。

17:05奥多摩小屋

トイレ、水場あり。ビール等一切なし。

テント村状態。さいわい平らな場所を確保できた。

水場までは結構下るので、ここまで一気に上がってきた足には復路がつらい。

18:00夕食

毎週末踊りに行く港区の某お店で前日、友達のきょうこちゃんからもらったワイン。

 

2枚焼くのに、エスビットミリタリーを2つ使ってしまった。

ワインは250mlも飲んでいなかったのだが、いつの間にか寝た。

23:00目が覚めた。

キンドルでしばしHarlan CobenのOne False Moveを読む。

00:30就寝

 

2日目

04:00起床。8℃。一晩中無風。

ファイントラック ツェルトIIはまったく結露していない。

ちょっと指先が冷たくなるが手袋不要。ダウンジャケット+モンベルのダウンハガー#2で十分。

残念ながら雲で富士山は見えず。

朝食はビビンバとわかめスープ。

七ツ石山を下ったところにある神社の前で、昨日見つけ損ねたルートを探してみたのだが見当たらなかった。ほんとうにあるんだろうか?

高丸山~日陰名栗山のコースは山頂を経由するコースと巻道とあり、途中で切り替えることができないように智頭では見えるが、高丸山を下りきったところでスイッチできる。

高丸山、山頂はそれほど見晴がいいわけではない。

ただ防火帯のように開けた道なので気持ちがいい。

巻道だと、アップダウンが少ない代わりにずっと樹林帯の中を歩くことになりそう。

この道標のところで向かって左側(踏み跡が薄い)が日陰名栗山山頂へのルート。

たき火の跡。野宿はまだしも、たき火はまずいでしょ、いくら何でも。

鷹ノ巣山山頂を今回は通らず、巻道を通ってみた。

避難小屋から水根まで2時間ぐらいかと思っていたが、よく地図を見てみるとコースタイムで3時間以上。すでに2時間歩いているので、少しげんなり。

先日お世話になった水根沢キャンプ場。

水根バス停9:59到着。バスは4分前に行ってしまったばかり。次の便は10:47。奥多摩湖のレストランでビールを飲んで時間をつぶすことに。

自販機でビールは売ってない。

1杯500円、おつまみ付き。

2杯目を頼んだら、おつまみが変わった。気を遣ってくれたのかな?

 

10:35にバス停に行く。時間つぶしに時刻表を見てみると、10:46(10:47は水根バス停)は平日で、休日は11:12。レストラン(3階)に上がっていってもう1杯飲みたいが、ばつが悪いのでトイレに行ったりストレッチをして時間をつぶし、バスに乗って(増発されて2台)奥多摩駅に向かい、11:33の電車で帰路についた。

|

« 山行ツール:ファイントラック ツェルトII | トップページ | 山行ツール:モンベルバーサライトジャケット&パンツ リコール »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/45376324

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:奥多摩小屋~七ッ石山~高丸山~日陰名栗山~水根 2012年5月19-20日:

« 山行ツール:ファイントラック ツェルトII | トップページ | 山行ツール:モンベルバーサライトジャケット&パンツ リコール »