« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の8件の記事

2011年9月29日 (木)

山行記:涸沢(奥穂高岳) 2011.09.23-25 トラックデータ

110924

赤:予定ルート

水色:実際のトラックデータ

四角い小さな写真はソニーDSC-HX5Vで撮ったもの。

こうしてみるとかなり実際のルートから外れている。どちらかというとDSC-HX5VのGPSデータの方が正確? アシストデータを使っているせいだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

山行記:涸沢(奥穂高岳) 2011.09.23-25

奥穂高岳(長野県)

アクセス:



アクセス(往路)

関東夜発⇔上高地関東さわやか信州号

緊急連絡先:新宿090-4941-8430(21:00-23:00)

出発場所:新宿西口

集合時間:22:30/出発時間:23:00

上高地到着:23日(金)6時頃



アクセス(復路)

上高地発A便→関東

利用日:11年09月25日(日)

ツアー名:さわやか信州号

出発場所:上高地バスターミナル

集合時間:13:30/出発時間:14:00

集合場所:上高地バスターミナル6番のりば

日程

1_6 2_3

往路

復路

3

今回の山行のまとめ:


23日(金)

おでん2皿、生ビール3杯

24日(土)

モツ煮込み1皿、生ビール2杯

おでん1皿、生ビール1杯

缶ビール500ml、1本

25日(日)

缶ビール500ml、1本

モツ煮込み1皿、生ビール1杯

腹ごなしに奥穂高岳山頂を往復




行動記録


今回の涸沢のテラスでビールを飲む旅は、ここ新宿西口からスタート。

DSC00829.JPG

往復の便を電話で予約しておいたので、チケットを受け取ってバスに乗り込むだけ。

DSC00830.JPG

あっという間に上高地。梓川も相変わらずきれいだわ。

DSC00832.JPG

さくっと歩いて明神館。

DSC00833.JPG

天気もいい。

DSC00834.JPG

左手に見える穂高連峰を見ながら歩く。

DSC00835.JPG

いつのまにか徳沢園。

DSC00836.JPG

そこからちょろっと歩くともう横尾。

DSC00840.JPG

ベンチが霜ってます。

DSC00841.JPG



DSC00844.JPG

横尾大橋を渡って、いざ涸沢へ!

DSC00845.JPG

DSC00848.JPG

左手に見える屏風岩。帰りはこいつの耳の上を登ってきます。

DSC00849.JPG

本谷橋。ここが気持ちいいんだよね。ゆっくりご飯でも食べたくなる。

DSC00850.JPG

しかしながら、テラスで愛しの生ビールがぼくを待っているのでここもさっさとスルー。

DSC00851.JPG

DSC00852.JPG

DSC00853.JPG

DSC00854.JPG

あの麓にはビールがテラスで待っている~。

DSC00856.JPG

待っている~。

DSC00858.JPG

あ、着いちゃった。4時間も歩いてないんですけど。

DSC00860.JPG

涸沢ヒュッテのメニュー。

DSC00861.JPG

DSC00862.JPG

とりあえず一杯…といきたいところだが、まずテントの設営。

案の定、ペグはまったく打てない。念のために持ってきた2mmの細引きを60~70cmぐらいにビクトリノックスで切ってライターであぶって端がほつれないようにしてさっさと設営完了。実はこれが失敗だったんだね。フットプリントの下になる部分に丁寧に石を並べてできるだけ平らにしないと安眠は望むべくもない…ことをこのあと身をもって知るわけだ。

DSC00863.JPG

そんなことになるとはつゆ知らず、このためにここまでやってきた、生ビール! おでんとのセットで1400円。まずは1皿目のおでんと1杯目の生ビール。

DSC00867.JPG

北穂をバックに撮る前に我慢できずに飲んでしまった。

DSC00869.JPG

こんな景色を見ながら、この天気の中、ジョッキの生ビールですよ。

DSC00870.JPG

DSC00871.JPG

北穂に失礼なので、もう一杯いただいて、飲む前のビールでもう1枚。

DSC00873.JPG



DSC00874.JPG

DSC00875.JPG

2皿目のおでんと3杯目の生。今回はこのために来たんだから、がんがんいきます。

DSC00876.JPG

と思ったら、空腹に駆けつけ3杯プラスバスの中でよく眠れなかったこともあって一気に須磨のお迎えがきたのでテントに退却。

DSC00877.JPG

目が覚めると4時を回っていた。テントの数も増えてきた。

DSC00878.JPG

DSC00879.JPG

5時。テントの前室にぶら下げた温度計が6度を指している。ビールを飲むにはちょっと寒くなりすぎたので、とりあえず暖をとることに。

DSC00880.JPG

テント内はこんな感じ~。

DSC00881.JPG

6時前にはすっかり暗くなり出したので、夕食の準備。

とはいっても、重い荷物を担ぐ体力も気力もないので夕食はペンネ120gとコーンスープのみ。

DSC00888.JPG

DSC00889.JPG

DSC00890.JPG

おなかも一杯になり、温かいウィスキーを飲んでいつの間にか眠ってしまった。

11時頃、寒さで目が覚めたので、エマージェンシーシートをシュラフの中に引きずりこむ。内よりは暖かいが、眠って体温が下がってくると目が覚めるの繰り返し。暇つぶしに外の写真を撮ってみる。寒くて三脚を引っ張り出す意気地もなので何を撮った写真だかわかりゃしない。

ちなみに3時、外気温0度。

DSC00892.JPG

DSC00893.JPG

ココアを飲んで暖まって寝ようとしたが(ちなみに、ストーブの着火装置で着火しなかったのでライターで着火。やっぱちゃんとバックアップは用意しておくもんだよね)、結局ねっられず4時半、朝食にすることに。

初日の夕食がペンネとコーンスープだったんだから、朝食を推して知るべし。

インスタントラーメンのみ。

DSC00895.JPG

DSC00896.JPG

5時15分。外気温マイナス2度。結露がそのままつららになります。

DSC00897.JPG

DSC00898.JPG

DSC00899.JPG

DSC00900.JPG

天気がいい! 快晴! でも寒いし…

写真を撮って時間つぶし。テント、霜が降りてます。

DSC00901.JPG

こんなふうに固定してます。

DSC00902.JPG

DSC00903.JPG

することもなので奥穂高岳に向かう。

DSC00907.JPG

DSC00909.JPG

DSC00910.JPG

DSC00911.JPG

DSC00912.JPG

DSC00914.JPG

ザイテングラートってどこなんだろうなぁ、そんな変わった名前が付いているくらいだからよっぽどすごい道に違いない、とか思っているうちに、この登りに。

DSC00916.JPG

水1Lと防寒具とカロリーメイト1箱ぐらいしかザックに入ってないから、どんどん前の人に追いついてしまい、申し訳ないけれど先に行かせてもらった。

DSC00917.JPG

DSC00918.JPG

DSC00919.JPG

DSC00920.JPG

あっというまに穂高岳山荘。こんなところまでテントを担いでくる人がいるんだね。すごいっ!

ここがまた吹きさらしでめちゃめちゃ寒い。ダウンジャケットを持ってきていて正解。

DSC00921.JPG

あとはここを登っていくだけ。

DSC00922.JPG

向かって一番右に写ってるのが西穂高岳。その手前に見えているのが馬の背とかジャンダルムとかに違いない。一目見て、無理無理無理って感じ。ぼくはのほほんと涸沢でビールを飲んでた方が幸せ。

DSC00924.JPG

で、奥穂高岳山頂。

DSC00926.JPG

DSC00927.JPG

こんな感じでフォトスポットは満員御礼状態。

DSC00929.JPG

DSC00930.JPG

西穂高岳

DSC00931.JPG

ズームしてみると山頂に立っている人が見える。すごいというか、物好きだねぇ。

DSC00932.JPG

DSC00933.JPG

反対を見ると槍ヶ岳。ここから歩いて行ける。10時間ほどかかるけど。

DSC00934.JPG

快晴! ぼくってこんなに日頃の行い良かったっけ?

DSC00938.JPG

肉眼だと見えたのだけれど、写真には写ってないね、富士山。

寒いので撤収! 下りたらちょうどビールがうまい時刻になっているはず。

穂高岳山荘の写真を撮って、ダウンジャケットを脱いで、下山。



DSC00946.JPG

涸沢小屋。

まずは今日の1杯目。モツ煮込みと。

DSC00947.JPG

DSC00948.JPG

あの色とりどりのテントの中の1つがぼくのテントかと思うとちょっと感動。

DSC00949.JPG



DSC00954.JPG

DSC00956.JPG

2杯目。

DSC00957.JPG

DSC00958.JPG

さあ、ぼくのテントはどれでしょう?

DSC00960.JPG

さすがにラーメンだけではおなかが空いてきたので。しかも1000円の弁当が半額になっている!

DSC00962.JPG

これが1000円の弁当の中身だ!

しそご飯、梅干し、牛肉の生姜煮、サツマイモの煮付け、キノコの昆布煮。

DSC00963.JPG

ホント、快晴。雲一つないんです。

DSC00964.JPG

残りの人生の運をすべて使い果たしたかな?

DSC00966.JPG

自分のテントに戻ってきて、荷物を下ろして…

DSC00968.JPG

ヒュッテでおでんセット。今日3杯目の生ビール。

DSC00969.JPG

DSC00970.JPG

暖かくて気持ちがいいので裸足に。

DSC00971.JPG

DSC00972.JPG

12時を回ると風が冷たく、ビールどころじゃなくなってテントに退散。

DSC00976.JPG

DSC00979.JPG

DSC00983.JPG

DSC00984.JPG

風さえ当たらなければめちゃめちゃ暖かい。日向に置いておいた温度計は42度を指してる。

DSC00989.JPG

じゃあここでいきますか。と売店でビールを買ってきてひなたぼっこしつつ。

DSC00991.JPG

太陽が奥穂高岳の後ろに沈んでいく。

DSC00993.JPG

DSC00994.JPG

DSC00995.JPG

5時40分。夕食。アルファ米とフリーズドライのグリーンカレー。

DSC00996.JPG

ご飯ができるのを待つ間。

DSC00997.JPG

DSC00998.JPG

DSC00999.JPG

6時、前室内の気温6度。今日も寒そう。

今度はちゃんと三脚を取り出して、絞りやシャッタースピードをいじってちょっとはましな写真。

DSC01003.JPG

DSC01005.JPG

DSC01007.JPG

DSC01009.JPG

ホットウィスキーを飲んで7時半には就床。もう少しウィスキーを持ってくるべきだったな。

やはり0時に寒くて目が覚める。外気温1度。ホットココア飲む。一時的に体が温まってうとうとするが、体温が下がって目が覚めるという繰り返し。

4時起きることにして、朝食の準備。といってもインスタント天ぷらそばのみ。

DSC01012.JPG

DSC01013.JPG

甘いものがほしくなったので、インスタントカフェオレで朝食を締めくくる。

DSC01014.JPG

夜明け前。

DSC01017.JPG

DSC01018.JPG

5時40分、テント撤収終了。許可証を返却。

DSC01023.JPG

今年最後のモルゲンロート。

DSC01024.JPG

DSC01025.JPG

DSC01026.JPG

屏風の耳経由のパノラマコースへ。

DSC01027.JPG

DSC01028.JPG

確かに道標に「健脚者向け」と書いてあるだけのことはあるかも。凍結していたら絶対通りたくない道だが、凍結さえしていなければ注意して歩けば、奥穂高岳に登る道以上に多変ということはないと思う。

DSC01029.JPG

DSC01030.JPG

DSC01031.JPG

DSC01032.JPG

DSC01035.JPG

槍~。

DSC01036.JPG

DSC01037.JPG

DSC01038.JPG

おお、今度はここを一気に下るのか?

DSC01041.JPG

と思ったらここが屏風ノコルだった。よかった、一気に下ってまた登ってからコルになるんだったらしんどいなぁと思っていたところ。

DSC01042.JPG

DSC01043.JPG

DSC01044.JPG

登ってくると、岩に「サイのカワラ」。賽ノ河原なんて地図に出てないんですけど。

まあ矢印も丸印も着いてるから登ってみる。

DSC01051.JPGDSC01045.JPG

ケルンがあるだけ。

DSC01046.JPG

DSC01047.JPG

槍ヶ岳の方向を見ると、こんもりした瘤が2つ。あれが頭だとしたら、ここは耳というには離れて過ぎてんじゃない? 手前が耳でその奥が頭じゃん?

さっきの「サイのカワラ」まで戻ってみると、左側に細い道が木々の陰に隠れていた。

道沿いの登っていくと。

DSC01053.JPG

一応手前の瘤の頂上。そこから見たもう一つ奥の瘤。

DSC01054.JPG

そこへと続く道はこんな感じ。地図に「まる危」になっていたルートっぽい。おそらくここが屏風の耳と判断してコルに戻ることにする。

DSC01055.JPG

DSC01056.JPG

DSC01057.JPG

DSC01058.JPG

耳から見た賽ノ河原。

DSC01063.JPG

屏風のコルから上高地へ。

DSC01066.JPG

DSC01067.JPG

DSC01068.JPG

中畠新道分岐があったはずなのだが気がつかないうちにここまで来てしまった。

DSC01070.JPG

DSC01071.JPG

DSC01072.JPG

DSC01073.JPG

林道に出ると、梓川の音は左の方から聞こえてくるのだが、矢印は右になっている。GPSで確認しても右方向なのでそのまま右に進む。

DSC01074.JPG

どんどん進むと左手に斜めに進む細い道がある。

DSC01076.JPG

その道を進むと

DSC01075.JPG

橋。徳沢縁側の方には「新村橋」とはっきり書いてあったのだが、こちらには何も書いてない。でも、確かこんな橋だったので渡ってみる。

DSC01077.JPG

DSC01078.JPG

正解。これが新村橋でした。ちょうど渡りきったら60ぐらいの男性2人に、この道はどうですか?と聞かれたので、下りにはいいですけど登りはしんどいと思いますよと答えておいた。若者より健脚なお年寄りをたくさん見ているから、あの人たちも実はぼくなんかよりもずっと健脚だったのかもしれないけれど、それほど経験がある人ならあんな質問はしなかったんじゃないかと思うし、事実、ぼく自身、登りであのルートを使おうと思わないから、まあ、いった言葉にウソはなかったと思う。

あとは平坦なのでガシガシ歩いていく。

DSC01079.JPG

カッパ橋到着9:55。アルペンホテルへ直行。日帰り湯には入れるか聞いたところ10時までの受付で10:30まで入れますとのこと。ぎりぎり。

さくっとお風呂に入って。小栗旬と湯上がりのビール。

DSC01080.JPG

DSC01082.JPG

DSC01083.JPG

かなり増水している。

DSC01084.JPG

上高地バスターミナルで、バスを待ちつつ。

DSC01085.JPG

DSC01086.JPG

バスが来るまで時間つぶしにショウガ焼き定食。3日ぶりのまともな食事。

DSC01088.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

MSRカーボンリフレックス1が涸沢で張れなかったら

カーボンリフレックス1は自立しないのでペグダウンできないとテントとして成立しない。ガイラインを取り付けるようなところもない。最悪、トレッキングポールを使う方法がHiker's Depotに紹介されているが、念のため2mmのガイラインを10m買ってきた。必要な長さに切って、ペグの代わりに岩を使うことができるんじゃないかと思っているがどうなることやら。まあ、こういう実験が楽しいんだけれどね。

2011/09/28追記:

涸沢で実際に設営して思ったのは、涸沢のようなガレ場ではトレッキングポールを使う方法は、トレッキングポールを傷つけたり、最悪折ってしまう危険があるということ。素直に、細引きを使って岩で固定するのが一番と思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

天気がよさげなのでちょっくらビールを飲みに涸沢に

この三連休、天気が悪くなさそうなのでヒュッテのテラスでビールを飲みに涸沢に行ってみようと思い立ったら即、さわやか信州号に空席があるか電話。

あった。

即決。

ということで、木曜の夜、仕事が終わってから上高地に向かう。

気が向いたら、奥穂高に登るかも。

天気が良かったらパノラマコースを下ってくるかも。

いずれにしても涸沢でMSRカーボンリフレックス1が使えるかどうかの検証とテラスでのビールはやってくる。

春先だとおでんとビールのセットがあるようだけど、この時期は何があるんだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

山行記:雲取山 2011.09.17-18

アクセス(往路):



○高田馬場

|  8:42発 西武新宿線(急行)16分

↓田無?????? 西武新宿線(各停)5分

| △9:04着

○小平

|  9:05発 西武拝島線(各停)[拝島行]21分

| △9:26着

○拝島

|  9:30発 ホリデー快速おくたま5号54分

|  10:24着

■奥多摩

10:30 バス奥多摩駅発

11:05 鴨沢着

ルート(予定)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
2011年9月17日(土)
時刻所要時間  実際
11:300h30m鴨沢
12:04 小袖乗越
12:051h45m小袖乗越
14:05 堂所
14:100h50m堂所
15:07 七ツ石小屋
15:100h40m七ツ石小屋
15:56 ブナ坂
16:000h40mブナ坂
16:46 奥多摩小屋



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             
2011年9月18日(日)
時刻所要時間  実際
5:000h25m奥多摩小屋 
5:28 小雲取山 
5:300h30m小雲取山 
6:04 雲取山山頂 
6:150h20m雲取山山頂 
6:38 雲取山荘 
6:450h30m雲取山荘 
7:19 小雲取山 
7:200h15m小雲取山 
7:37 奥多摩小屋 
8:100h20m奥多摩小屋 
8:33 ブナ坂 
8:350h30mブナ坂 
9:09 七ツ石小屋 
9:100h25m七ツ石小屋 
9:38 堂所 
9:401h20m堂所 
11:12 小袖乗越 
11:150h20m小袖乗越 
11:38 鴨沢 

ルート(実際)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             
2011年9月17日(土)
時刻所要時間  実際
11:300h30m鴨沢11:55
12:04 小袖乗越12:25
12:051h45m小袖乗越12:25
14:05 堂所13:42
14:100h50m堂所13:45
15:07 七ツ石小屋14:17
15:100h40m七ツ石小屋14:17
15:56 ブナ坂 
16:000h40mブナ坂 
16:46 奥多摩小屋15:15
  奥多摩小屋15:20
 雲取山荘16:15



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
2011年9月18日(日)
時刻所要時間  実際
雲取山荘4:40
雲取山4:56
雲取山 
避難小屋 
避難小屋5:45
奥多摩小屋6:10
奥多摩小屋6:10
七つ石山6:38
七つ石山6:38
七ツ石小屋6:55
七ツ石小屋6:57
堂所7:30
堂所7:32
小袖乗越8:27
小袖乗越8:29
鴨沢8:50



アクセス(帰路)



バス:

                               
鴨沢発11:2214:33
奥多摩駅着11:5715:08

奥多摩 11:37発 - 本蓮沼 14:05着

乗り換え回数:5回

所要時間:2時間28分

料金:1,290円


●奥多摩

|  11:37発 JR青梅線42分

|  12:19着

○青梅

|  12:28発 JR青梅線(青梅特快)16分

|  12:44着

○拝島

|  12:55発 西武拝島線(各停)[西武新宿行]20分

| △13:15着

○小平

|  13:16発 西武新宿線(急行)[西武新宿行]22分

| △13:38着

○高田馬場


奥多摩 12:08発 - 本蓮沼 14:35着

乗り換え回数:5回

所要時間:2時間27分

料金:1,290円

●奥多摩

|  12:08発 JR青梅線(普通)[青梅行]37分

|  12:45着

○青梅

|  12:54発 JR青梅線(快速)[東京行]16分

|  13:10着

○拝島

|  13:25発 西武拝島線(各停)[西武新宿行]20分

| △13:45着

○小平

|  13:46発 西武新宿線(急行)[西武新宿行]22分

| △14:08着

○高田馬場

行動記録



金曜日時点の天気予報は、ウェザーニューズは土曜日は曇り一時雨、日曜日は曇り時々晴れ、tenki.jpは土曜日は午後がずっと小雨、日曜日曇り時々晴れ。

金曜日はいつもどおり踊りに行き、終電を逃してしまって帰宅したのが3時。7時に起床。天気予報は金曜日の時点と変わっていないので決行することにした。

今回は奥多摩ハイキングフリーキップというのを始めて使ってみようと思い、予定よりも早めの07:55に自宅を出発。

高田馬場、発券機で買えると思ったら有人窓口買わなければならない。しかもいったん連絡口から西武新宿線側に入ってしまったために、パスモの処理までしなければならなかった。発見してもらたったフリーキップを改札機に通すとゲートが閉まる。2度目も同じ。ここで電車を逃したらすべての計画が狂ってしまう。焦って、駅員さんに、電車がなくなるんです、とちょっと訳のわからないことをいって通してもらい無事西武新宿線のホームへ。

そこにちょうど8:37の西武新宿線が入ってきたので乗り込む。

乗り込まずにホームで待っている人が結構いる。何で乗らないんだろう? ひょっとしたら急行待ちか?と思っているうちにドアは閉まってしまい、電車は発車。

予定表を確認してみると8:37は山手線が高田馬場に到着する時刻。ぼくが乗るべきだったのは8:42発の急行。

各停から急行に乗り換えられるのは鷺宮。鷺宮の前に急行がこの鈍行を追い抜ける駅はなかったはずだ。まだ何とかなる。

が、実際は沼袋で抜かれてしまい、この急行には乗れなかった。

とりあえずできるだけ急ぐために鷺宮で次の急行に乗り換えるが、すっかり予定は狂ってしまった。奥多摩駅10:30発のバスに乗れなければ、鴨沢まで行く次のバスが奥多摩駅を出るのは13:05。予定どおりに行ったとしても電車が奥多摩駅に着くのが10:24だから、10:30のバスに乗ることはほぼ無理。最悪タクシーか?

実際奥多摩駅に到着したのが10:49。バスの時刻表を見ると10:55発小菅行きがある。深山橋(みやまばし)で下りれば鴨沢は2つ先。歩いても30分程度だろうと判断して、このバスに乗る。

DSC00727.JPG

11:25、深山橋着。帰路も必要であればここまで歩くことを考えて、奥多摩駅行きの時刻を控える。11:28に歩き始め11:49で鴨沢バス停着。地図で見れば脇道を入っていくようになっているのだがその道が見つからない。実際の鴨沢バス停はもっと先にあったのだから、いくら探しても見つかるはずがない。しょうがないので車道を通っていった。

DSC00729.JPG

結構猿が多かった。6匹ぐらいは見ただろうか。

DSC00731.JPG

脇道を入ってくるとここで合流する。

DSC00732.JPG

DSC00733.JPG

しばらく歩くと左手に、雲取山は100m先を左にという道標がある。その登山口あたりには3台ほどの車が止まっていた。

DSC00734.JPG

登山道に入って程なくするとこんな廃屋がある。



が、それだけで、後は延々と

DSC00736.JPG

こんな道が続く。

DSC00737.JPG

小袖乗越からほぼ1時間。やっと堂所。といっても何もない。道標があるのみ。

DSC00739.JPG



DSC00740.JPG

さらに30分ほど歩くと、ブナ坂・七つ石山の分岐。ブナ坂方面の道標には、落石事故があったので右の道を通ってくださいと書いてある。右の道は帰路で通る予定なので予定どおり左に進む。

DSC00741.JPG

この先、さらに進んだところで崩落したと思われるところがあったが通れないことはない。

DSC00742.JPG



DSC00744.JPG

先ほどの右側のルートとはここで合流。

DSC00745.JPG

緩やかな登りをどんどん歩いて行ったらヘリポート。さらに行くとテントがたくさん張ってあって、まさか?と思っていたら奥多摩小屋に着いてしまった。

DSC00748.JPG

15:15。出発が30分遅れたのに到着は1時間半も予定より早い。これなら雲取山荘まで行ける。

ということで雲取山荘に着いたのが16:15。

テン泊代300円とビール500ml、500円を払ってテン場へ。

奥多摩小屋のテン場に比べると遙かに狭い。どんどん小屋から離れてやっとテントを張れる場所を見つける。

ペグうちできるところなので問題なくMSRのカーボンリフレックス1を張ることができた。

DSC00749.JPG

で、2本目のビール。

DSC00750.JPG

で、3本目のビール。

DSC00751.JPG

18:20、夕食の準備にエスビット(ミリタリー)に火をつける。今回1/2箱しか持ってこなかったのだがぎりぎり。1泊なら1箱は持ち歩くべきか。

DSC00752.JPG

夕食はこれだけ。

DSC00754.JPG

DSC00755.JPG

DSC00753.JPG

予備のラーメンを下敷きにホットウィスキーを飲んで19時に就床。

01:47、目覚める。前室の温度15.2℃。ダウンベストなしでちょっと肌寒い程度。

03:30、起床。14.5℃。

DSC00756.JPG

朝食はこれだけ。

テントを撤収して4:40に山頂へ向けて出発。日の出に間に合わないかもと思い急いで登る。

4:56山頂。

DSC00758.JPG

DSC00761.JPG

DSC00766.JPG

DSC00767.JPG

DSC00771.JPG

DSC00772.JPG

待つこと30分。やっと日の出。

DSC00773.JPG

DSC00774.JPG

DSC00780.JPG

DSC00781.JPG

これは避難小屋からの朝日。

DSC00782.JPG

DSC00783.JPG

DSC00784.JPG

DSC00785.JPG

富士山も頭だけ雲の上。

DSC00786.JPG

さて、あとは9時台のバスに間に合うように下山するだけ。

DSC00793.JPG

天気はどんどん良くなって、富士山もだんだん裾野の方まで見えてくる。

DSC00797.JPG

DSC00799.JPG

ヘリポートから見た富士山。

DSC00800.JPG

稜線上だと、こんな穏やかな道を歩くのは最高に気持ちいい。

DSC00802.JPG

七つ石山。この道標があるだけ。

DSC00804.JPG

DSC00806.JPG

先日、鷹ノ巣山に行くときに間違えた道をそのまま来ていたらここに着いていたのだろう。

DSC00807.JPG

DSC00808.JPG

七ツ石小屋。

DSC00809.JPG

小屋の人が布団を干していた。小屋前には狭いながらテン場があって、この日は1張り。男性がのんびりと餅を焼いていた。

DSC00810.JPG

昨日通った分岐に戻ってくる。

DSC00811.JPG

昨日は気づかなかったのだが、こんな分岐があった。

DSC00812.JPG

向かって左側が、七ツ石小屋を経由せずにブナ坂へと向かう道。左が七ツ石小屋への近道。

DSC00813.JPG

堂所に戻ってきて、

DSC00815.JPG

なんだかにょろにょろ動く生物の写真を撮って、

DSC00816.JPG

廃屋に戻ってきて

DSC00817.JPG

小袖乗越に到着。今度は車道ではなく近道をたどる。

DSC00818.JPG

とここに出る。

DSC00819.JPG

で左手にこれ。

DSC00821.JPG

その正面にこれ。

8:50、鴨沢バス停に到着。トイレがあるので顔を洗って、身支度を調えてもまだ時間がある。歩いちゃえ、と歩き出すと、芦沢酒店に遭遇。

当然、

DSC00823.JPG

次のバス停まで歩く計画は中止。

DSC00826.JPG

天気も良くなって、いい思い出になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

おセンチな山行

明日は以前にも書いたおセンチな山行。何となく1年間考えていた山行だけにぜひ実行したいが、明日の天気は芳しくなさそう。曇りなら間違いなく行くのだがtenki.jpの丹波山村の天気予報だとほぼ終日傘マーク。降水量はそれほどなさそうだからこれ以上悪化しなければ行くとは思うのだが。準備はすべて終わっている。とりあえず踊りに行って、帰ってきたときの天気予報次第だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

山行記:鷹ノ巣山 2011.09.10-11

ルート:



峰谷→避難小屋→鷹ノ巣山山頂→稲村岩尾根→東日原

行動記録



このルートはもう2度通っているので避難小屋まではせいぜい2時間ちょっとでつけると思っていたら、13:15に峰谷バス停を出たのに避難小屋に到着したのが16:59。約3時間45分。

最大の原因は赤指尾根への道に入っていたことに45分間も気づかなかったこと。大ぽか。

今回もゴーライト。総重量8.5kg。水750ml。ワイン600ml。

DSC00642.JPG

今回の山行はローカットシューズのお試しも目的の一つ。NewBalance 1520J6265 ローカットハイキングシューズ。

DSC00643.JPG

奥多摩駅にはハイカーやサイクリストたちがいっぱい。峰谷行きのバスもそれなりに混んでいたがぼくを除いて全員、奥多摩湖で下車。

DSC00644.JPG

峰谷バス停。考えてみるとここまでバスに乗ってきたことはなかったのだった。1度は奥集落までタクシーで行ってしまったし、雪の中でテントを張ったときには峰谷橋から歩いてきたのだった。そのときはこのバス停を見落としてしまっており、峰谷バス停がルートのどの位置にあるかを把握していなかったのが、大ぽかの遠因。

DSC00646.JPG

DSC00645.JPG

峰谷バス停前にある山道への入り口。

DSC00647.JPG

DSC00648.JPG

どうも見慣れない景色だと思いつつも、きっといつも通る車道外れの道ではなく、林道経由の道を通ってしまったのだと思い先に進む。

DSC00649.JPG

「至・峰集落、至・峰集落を経て千本ツツジ、雲取山方面」と書いてあるのを見ても、道が違うことにまだ気づかない。地図を広げればすぐにわかったはず。

DSC00650.JPG

おかしい。さっきから道標に「鷹ノ巣山」が一つも出てこない。やっと地図を広げて、赤指尾根に通じる道にいることに気づく。バス停を出てすでに45分経過。バス停に戻る敷かないのでバス停に戻る。

14:00、峰谷バス停から再スタート。

DSC00651.JPG

三叉路(この少し手前に右に分かれる道もあるので、地図上では十字路ふうにみえる)にある道標。「下りバス停」と書いてあるが、その手前に峰谷バス停がある。なぜ、峰谷バス停を書かないのだろう?

さらに進むと道標があり人家の間を登っていく見慣れた風景。

DSC00652.JPG

見慣れた風景なのだが草が生い茂っていてとても山道には見えない。戻って道標を確認するとやはりここで間違いない。写真は上ってきた道を振り返ってとったもの。進行方向に向かうとこの石壁が左手にある。この石壁を登っていく狭い石段があるのだがそれを上っていくと踏み跡があるのでたどる。が、どう見ても途中で切れている。

DSC00653.JPG

石段を下りて、石壁沿いに生い茂る草の中を直進すると見慣れた風景になる。突き当たりを右に曲がって小川を渡ると山沿いに山道が見えてくる。

先日の台風のせいか、枝や葉っぱが大量に落ちていて踏み跡がわかりづらくなっているところが少なくないが見慣れた景色のなかを歩いて行く。

DSC00654.JPG

おかしい、こんなに舗装道路が続いていたんだっけ? 林道経由の道の道に出たのか? 地図とGPSを見比べると方向的には間違っていないのでさらに進む。

DSC00657.JPG

そう、本来ならここから舗装道路に出てくるはずなのだ。この道に入る場所を見落としてしまったに違いない。

DSC00659.JPG

やっと登山口に到着。すでに15:10。

DSC00660.JPG

10分ほどで神社に到着。ここからは浅間尾根をずっと登っていく。踏み跡がわかりづらい箇所もあるが、尾根の上にいる限りルートを外れてはいない。

DSC00661.JPG

駅前で購入したアクエリアス500mlも飲み干し、用意してきた氷が溶けず、水が切れてしまった。夏山並みの暑さで思った以上に水を飲んでしまった。

肉が傷まないように飲用の水を凍らせておいたのだが、ここまで溶けないとは思わなかった。奥多摩駅で見たときにあまり溶けていなかったので念のためにアクエリアスを買っておいて正解だった。

DSC00662.JPG

16:48、水場到着。

DSC00663.JPG

いつもは濾過フィルターを通してから飲むのだが、このときばかりは濾過する余裕がなくそのまま飲んだ。

DSC00664.JPG

16:59、鷹ノ巣山避難小屋到着。

誰もいない。混んでいるかと思ったのだが。まだ紅葉には早いし、夏山並みに暑いせいか?

DSC00665.JPG

DSC00667.JPG

今年の2月と同じ場所にテントを張る。設営は至って簡単。ペグさえ打ち込めれば結構しっかりしている。ペグが使えない場合の実験もしようと考えていたのだが、空腹でそれどころではなかった。

DSC00668.JPG

DSC00669.JPG

DSC00671.JPG

早速食事。氷は半分も溶けていなかったのに、肉はすっかり解凍されていた。

DSC00672.JPG

DSC00673.JPG

モッツアレラは封入されている液体のせいで重かったのでカマンベールにしてみた。

DSC00675.JPG

バジルとオリーブオイルとトマトはいいけど、別にカマンベールは入ってなくてもいいと思った。というか、カマンベールはそのままワインと一緒に食べた方がおいしい。

DSC00678.JPG

ということでバジルとオリーブオイルとトマトだけ。まずくはないが、わざわざ重たいトマトを持ってくるほどのこともなかった。失敗。

DSC00676.JPG

DSC00677.JPG



DSC00680.JPG

DSC00681.JPG

でもどんな失敗も、肉と酒さえあればすべて帳消しになる。やっぱや間のテッパン食材だな(フライパンで焼いているけど)。

DSC00686.JPG

DSC00687.JPG

ここの鹿は人間慣れしすぎ。10m暗い近くまで平気で寄ってくる。近くに石を投げて威嚇すると、エサかと思ってその石に近づいていく。この日は親子と思われる5匹の鹿が一晩中周りを徘徊していた。

DSC00690.JPG

19:00ごろ就寝。23:00にいったん目が覚め2時間ほど寝られなかったが、いつの間にか寝たらしく4時に起床。テントの全室内で17.9℃。サーマレストリッジレスト ソーライトSとイスカ エア180X ショートで、下着だけで暖かく眠れた。

DSC00691.JPG

1合の米にその1.5倍くらいの水を前日から入れておいたので、すぐに炊き始められる。炊飯器ならいきなり炊き始めても芯が残りにくいが、こういう炊き方だと30分は水に浸しておかないと芯が残ったご飯になりやすい。

DSC00694.JPG

おかずはベーコンと卵とコーンスープ。

DSC00696.JPG

1号は明らかに多すぎた。わざわざ焼かなくても卵掛けご飯で十分おいしいと思うのだが、山の上で焼くのが楽しい。まあ単なる物好きだよね。

DSC00699.JPG

DSC00700.JPG

コーヒーを飲んで5:10から撤収開始。アウターウォールの内側はやはりかなり結露していたが、テント内に落ちてくることはなかった。30分で撤収を完了し、5:50に山頂へ向けて出発。

DSC00701.JPG

DSC00702.JPG

山頂。ガスも濃く雲も厚い。

DSC00703.JPG

天気が良ければ真正面に富士山が見えるのだが何も見えない。

山頂にテントを張っていた人とちょっと話をしてすぐに下山開始。今回は稲村岩尾根を下る。稲村岩尾根は2009年4月に登りで使って以来。あまりの登りのきつさに、もう二度と通ることはないなと思っていたのだが、短時間で下山できるのでここを下ってみることにした。

DSC00704.JPG



DSC00705.JPG

DSC00706.JPG

ひたすら急な坂という印象だったのだが、意外にもこんなに平らで開けたところもあった。

DSC00708.JPG

きついところはきつい。

DSC00709.JPG

DSC00710.JPG

前回はここにザックをデポして稲村岩に向かったが、今回は9:03のバスに乗るために先を急ぐ。

DSC00711.JPG

DSC00712.JPG

ここは倒木で完全に山道がふさがれている。向かって左側の斜面を登って回避するしかない(ザックを背負っていなかったら倒木の下を張っていけるかもしれないが)。

DSC00713.JPG

水音が聞こえてきてからもまだ長いのだが景色がいいので

DSC00715.JPG

DSC00718.JPG

DSC00720.JPG

確か3度ほどこの川(日原川?)を渡り返すのだが、こんなふうに道標が割れて落ちているものもあるので注意が必要。水量が多かったが、幸いゴアの靴だったので濡れることはなかった。

DSC00721.JPG

DSC00723.JPG

DSC00725.JPG

8:10日原街道に出る。そこから東日原のバス停まで10分ほど。バス停の手前にある交番で登山具を広げている人と少し話をして、バス停で身支度を調えて山行の締めくくりはいつものこれ。

ビールを飲んでいると一杯水避難小屋から下りてきたという男性からいきなりホタルイカをいただいて、結局、拝島までご一緒させていただいた。

下山3日後の水曜日にこれを書いているのだが大腿四頭筋の筋肉痛がいまだにとれない。下りがきつかったせいだろうか? 確かにきつかったが、北岳の白根御池小屋ルートの下りもかなりきつかったがこれほど筋肉痛にはならなかった。靴のせい? ふくらはぎはまったく痛くないのでおそらく靴のせいではないだろう。この話をした人には、年のせいだよ、とあっさり片付けられてしまったが。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

雲取山

去年の9月18日~20日、ぼくは鳳凰三山縦走ツェルト泊をしていた。

電波の届く場所で友人から写メの着いたメールが届いた。雲取山の道標の前でにっこりしている写真。一人で雲取山荘に泊まったという。ぼくは正直、彼女はあまり体力がないから、日帰りはともかく、泊まりの山歩きは一緒にできないだろうなと思っていた。でも、一人で三峯神社から鴨沢まで歩いたと聞いて、勝手に彼女に何ができるかできないかを決めつけていた自分が恥ずかしかった。

「今度どこかに一緒に行こうね」とメールした。

3週間もしないうちに彼女が亡くなったことを聞かされた。

彼女が最初に一人で行った山、亡くなる前に最後に行った山、雲取山に同じ時期に行ってみようかな・・・。

センチだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »