« 山行ツール:MSR Quickスキレットの謎 | トップページ | 槍ヶ岳のお天気 »

2011年8月17日 (水)

山行ツール:テント MSR カーボンリフレックス 1

この間、先日76円レベルの急激な円高になったことや、震災後の立派な政治家先生たちの立派な働きを見ておいしいものは後までとっておくよりは今食っちゃうしかないなと思ったことなど、いろんな屁理屈をつけて、Amazon.comからMSRのCarbon Reflex 1を注文した。

 

【下取り致します】送料無料♪MSR カーボンリフレックス1 [MSR ドームテント] 【下取り致します】送料無料♪MSR カーボンリフレックス1 [MSR ドームテント]

販売元:モーリス
楽天市場で詳細を確認する

日本で買えば5万2千円以上だが、送料等込み3万7千円以下。

届いたので早速組み立ててみたが、短い方のポールがどうも長すぎる。どれだけ柔軟性があったとしても折れそう。

早速、Amazon.comにメールしたが、物理的な中身のことはわからないので、販売元に問い合わせてほしいとのこと。

日本からの注文だったと気づいていなかったらしく、電話番号が送られてきた。

メールアドレスを聞いて、早速メールをした。

同時に、メーカーのホームページから、メーカーにもメールした。

今日が2日目だが、販売元からはいまだ返事なし。

メーカーからは昨日メールがあった。

同梱されていたポールはリフレックス2用らしいとのこと。送り返してくれたらリフレックス1用のポールを送るという。

あのぉ、日本からなんですけれど、送料はどうなるんでしょう?と尋ねたら、送り返して入らないから住所を教えてくれたら1用のポールを送るとメールが来た。

住所を教えるメールを送ったのだが、以後返事がない。ポール、送ってくれたのかな? このあたり、今ひとつサービスが足りないような気がする。「送りましたよ」ってメールするのがどれだけ大変なことか? そのメールを送るだけで購入者の印象がどれだけ良くなるか。

まあ、結構対応は迅速で親切だったから、ポールが届くのを期待せずに待ってみようと思う。

ちなみに、同時にQuickスキレットも購入したのだが、174gのを注文したはずなのだが届いたスキレットの箱には166gと書いてあった。謎はいっそう深まってしまった。174gのスキレットは存在する(した)のか? 単なる記載ミスなのか?

|

« 山行ツール:MSR Quickスキレットの謎 | トップページ | 槍ヶ岳のお天気 »

山行ツール」カテゴリの記事

コメント

カーボンリフレックスの検索からやってきました。
今日、八ヶ岳の赤岳鉱泉のテン場で、カーボンリフレックス2の短い方のポールが折れてしまいました・・・自分も海外から通販で購入したので、その後のフォローをアメリカに頼もうと思い、その手の情報がないかなぁと検索していました。

どうもこのテント・・山で使うにはヤヤ辛い物を感じ始めています・・・

投稿: Air | 2011年9月24日 (土) 23時03分

Airさん、初めまして
たった今、涸沢で2泊の山行から帰ってきたところです。
銀色のアルミの短い筒のようなものが、ポールに付いてきませんでしたか?
あれが一応、補修用のようです。
グランドシート以外は単品販売していないようなので、本当にダメ元で購入先もしくはメーカーにメールしてみてはどうでしょう? ただ、本当に、ダメ元だと思います。
確かに、カーボンリフレックスはどこでも使えるテントじゃないと思います。
でも、これじゃなかったら今回、上高地から涸沢まで3時間47分で登ったり、屏風の耳経由で4時間5分で上高地まで下山したりはできなかったと思います。
使いにくいテントですが、うまく使うと非常にありがたいテントだと思います。
個人的には、普通のテントとツェルトの中間ぐらいの存在かなと思っています。

投稿: 雪山でミルクティ | 2011年9月25日 (日) 21時03分

来週あたり涸沢ベースで穂高界隈を歩こうかと思ったりもしていますが、天気がどうかなぁ・・

アルミの補修用チューブ、くせ者です・・
折れたので、試しにチューブを取り付けて再度設営を試みたのですが、チューブのエッジの部分でいとも簡単にぽっきり折れてしまいました。その部分に応力集中があるようです。破損時の応急対応に使えないのです・・・MSRは実験しているのかなぁと強く疑問・・・

メーカーにはダメ元でメールしてみましたが週末なのでまだ返事はありません。ブログに今回の状況と、前回常念で使ったときの話など記載していますのでもしよろしければお越し下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/airspace

投稿: Air | 2011年9月25日 (日) 23時43分

Airさん、ブログ、見させていただきました。コメントしようとしたのですがYahooにログインしないとコメントできないようでしたので、こちらに引き続き書かせていただいています。
MSRの製品はいくつか使用されているんですね。今回の件、残念です。
確かに、信頼できない製品は山には持って行けないですよね。壊れたからといってちょっとコンビニで調達・・・という訳にはいかないですから。
ぼくはMSRのテントはカーボンリフレックス1が初めてです。3回使用しましたが、とりあえず今のところ不満はないです。でも、Airさんの今回の件を念頭においておいて、使用方法やまさかの場合の対応等、考えておこうと思います。貴重な体験の記事、ありがとうございます。

投稿: 雪山でミルクティ | 2011年9月26日 (月) 04時26分

書き忘れました。
記事は後ほどアップするつもりですが、涸沢は全然紅葉してませんでした。
Airさんが行くときには紅葉しているといいですね。
ちなみに、2泊したのですが、一泊目は外気温が明け方でマイナス2度、二泊目は0度と、かなり寒かったです。

投稿: 雪山でミルクティ | 2011年9月26日 (月) 04時28分

私もこれはまだ3回目、4泊のみの使用です。
短いポールの破損を防ぐために、マニュアルとは違いますが、長いポールの下に短いポールを通すのもありかと思っています。ただ、幕全体の剛性は落ちると思いますが・・・MSRからの返事しだいでは、短いポールのみ、イートン社のアルミポールに変えてしまおうかと思っています。アメリカの通販サイトではパーツとしてポールやパーツを買えるところもあるので。

赤岳鉱泉も宵の口に雨が降り、その後晴れて放射冷却もあったのか、かなり朝は気温が下がりました。テントがバリバリに凍っていましたから。もう山は秋本番のようです。涸沢ベースの山行のレポートも楽しみにしております!

投稿: Air | 2011年9月26日 (月) 12時19分

考えてみると、長い方のポールには荷重が全体に分散するけれど、短いポールは交差部分の1点に荷重が集中してしまうわけですよね。回避するためにはおっしゃるように短い方を下にするか、前室、後室を作るラインを緩めに張るしかなさそうですね。元々高い剛性を目指した設計じゃないからそういう張り方かもありかもしれませんね。

投稿: 雪山でミルクティ | 2011年9月28日 (水) 12時44分

カスケードデザインと直接交渉で、破損したパーツを送ってもらえることになりました。まだ到着していないので、まだ何とも言えませんが。どうにもとの状態には戻れそうです。

投稿: Air | 2011年9月30日 (金) 08時37分

昨日カスケードデザインからポールが送られてきました。
送られてきたポールは、以前の物とは違う作りで、強度アップしている製品のようです・・
ブログの方に画像などアップしましたが・・・お持ちのカーボンリフレックスのポールは新旧どちらのタイプでしょう?

投稿: Air | 2011年10月 8日 (土) 13時20分

Airさん
画像みさせていただきました。
ぼくのは、「旧」のほうに見えます。

やはりAirさんと同じようにポールが折れたというエントリーが見つかりました(これは2010年バージョンのようですが):
http://www.sierradescents.com/reviews/tents/msr/carbon-reflex.html
これは最新バージョンのようですが
http://reviews.rei.com/review/810043/MSR-Carbon-Reflex-2-Tent
ポールが折れる苦情は以前からあったぽいですですね。
でもそうだとしたらなぜ今回のバージョン(グリーンのフライヤー)に変更するときにポールの強度を高めるとか設計変更するとかしなかったんでしょうね?

投稿: 雪山でミルクティ | 2011年10月 8日 (土) 13時40分

ちょっと違いますが、これも少し参考になりました。

http://www.backpackinglight.com/cgi-bin/backpackinglight/forums/thread_display.html?forum_thread_id=46011

一点に集中荷重がかからないように、補修用のアルミパイプをあらかじめ交差部分に入れておくというのも予防策としてはゆうこうかなと思ったりします。

投稿: 雪山でミルクティ | 2011年10月 8日 (土) 13時51分

カスケードデザインから返事があり、古い物と新しい物は強度は一緒だと・・・

見た目も積層方法も違うので、鵜呑みは出来ないですね・・

REIの評価などかなり悪いですね・・それと、ポールが折れた話がカーボンリフレックス2に集中している感じがあります。上部の短いポールの湾曲率とか、カーボンリフレックス2が一番負荷が大きいのかもしれないですね。いずれにしろ、ちょっと気にしながら使わなければならない感じはぬぐえません。

投稿: Air | 2011年10月11日 (火) 20時35分

Airさんのエントリー、読ませていただきました。
まあ、強度を高めましたとは言えないでしょうからねぇ。

基本的には長さが違うだけで同じ材質のポールを1でも2でも使っているような感じなので、長くなる分だけ2の方が折れやすくなりますよね。
その辺、カスケードデザインは考えてなかったんでしょうかね?

そうした不安はありながらも、やっぱりこの軽さは捨てがたいです。
マットからテントからトレッキングポール、食料までみんな、外にぶら下げることなくゴーライトのジャムの中に詰め込んで8kg程度の重さで、2泊3日できちゃうのはこのテントのおかげだと思っています。

投稿: 雪山でミルクティ | 2011年10月11日 (火) 20時53分

カーボンリフレックスの軽さは確かにありがたいですね。
今年はカーボンリフレックスの他、BDファーストライト、NEMO Obi2などで、山に行っていますが、軽量テントだと、2泊3日ぐらいなら45Lぐらいのザックで十分に間に合いますね。これからのシーズンはファーストライトの出番かなと思っています。

投稿: Air | 2011年10月14日 (金) 13時56分

Airさんは、ホントいろんな道具をお持ちですよね。
ぼくのようなにわかハイカーと違って、ベテランの山屋さんのようですから当然なのかもしれないですが。

ぼくは、あとはプロモンテの1人用、2人用とツェルトぐらいです。
雪山で(といっても鷹ノ巣山ですが)ツェルトで一晩過ごしたので、まだ2000mくらいならカーボンリフレックスでもいけるかなと思ってはいるんですが。

投稿: 雪山でミルクティ | 2011年10月14日 (金) 19時00分

はじめまして。
実は、自分もこの10月4日にアマゾン(アメリカ)から、同じリフレックス1テントを個人輸入したところ、リフレックス2用のポールが間違って付属されておりました。
現在、対応を検討してもらっているところです。米国カスケード担当者からは、日本の代理店にサービス対応を依頼するとのことです。
ご報告までとさせていただきます。

投稿: テトラ3 | 2011年11月 1日 (火) 10時10分

テトラ3さん、はじめまして
情報、ありがとうございます。
日本の代理店経由で購入していないものまで日本の代理店経由で対応するというのは、それなりの数の問題が出ているということかもしれませんね。
それでもメーカーや販売店から、購入者に対して通知がいくことはないんでしょうね。黙っていると損をする、クレームをつけた方が得をする…クレーマーを増長する一因はこんなところにもなくはないような気がします。

投稿: 雪山でミルクティ | 2011年11月 1日 (火) 19時19分

一応、問題が解決しましたのでご報告させていただきます。米国カスケードデザイン社カスタマーサービスとの交渉の末、後日、モチヅキより連絡が入り、正しいポールを交換していただきました。そのために、テント一式をモチヅキに送り(代金着払い)試し張りも行い確認後、返送していただきました。今回のトラブル解決に2週間かかりましたが、これでようやくソロテントデビューできそうです。よかった。しかし、実際張ってみると短い方のカーボンポールはパツンパツンでテンションがすごくかかっている感じですね。テント設営・撤収のときに折れてしまわないか心配しています。

投稿: テトラ3 | 2011年11月10日 (木) 15時56分

解決して良かったですね。確かに短い方のポールはテンションが一カ所に集中する形になっているのでちょっと心配ですよね。ただ、ポールが折れたという話はリフレックス1の方は比較的少ないようです。

投稿: 雪山でミルクティ | 2011年11月13日 (日) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/41249713

この記事へのトラックバック一覧です: 山行ツール:テント MSR カーボンリフレックス 1:

« 山行ツール:MSR Quickスキレットの謎 | トップページ | 槍ヶ岳のお天気 »