« 山行計画:燕岳・槍ヶ岳 | トップページ | 山行ツール:シートゥサミット リアクター サーモライト »

2011年7月11日 (月)

山行記:薬師岳・観音岳(雑記) 211.7.2-3

行動記録

時間もないので、次回のためのメモだけ。

7月2日(土曜)

巣鴨駅で切符の受け取り。クレジットカードと暗証番号さえあればものの1分で終了。予約番号等は不要(予約の際のプリントアウトは不要)。

衣服:パンツ、マムートの長ズボン、ミズノの長袖シャツ。

山手線に遅れ。こんな時期だから、予定よりも早め早めに行動すること。

<<以下、携帯で記録した>>

0808 乗車前におにぎり4つとお茶購入。2つ食す。電話のアラームを0910に設定。眠いので寝る。今朝は5時起床。寝たのは1時半頃。

0910 すこしうとうとしたようだ。多少なりとも寝不足解消になっていればいいのだが。

0928甲府駅着。暑い。晴れている。一番乗り。整理の人もいない。

0955 バス到着。全然余裕。半分以上空席。1380円。車中で行程を電話に入力。今回は携帯で記録を取ってみようと思う。

夜叉神峠登山口

下車ほかに一人。排便して1130に出発

南御室小屋 早いが曇ってきて寒くなってきたので夕御飯にしようかと思うけど、食料があまりないので、早めに食べてお腹が空いたら困るな。

<<以上、携帯での記録>>

(ずっと携帯でつけようと思ったのだが、ポケットに入れていたら汗で蒸れてしまったらしく表面の塗装がはがれてしまった。ということでいつものように測量手帳に逆戻り。

バス停は例年のように6番乗り場。

南アルプス号の時刻表(リーフレット)が置いてある。

夜叉神峠登山口から南御室小屋まで、ほぼ休息せずに3時間10分。

水は1リットルをハイドレーションに入れておいたが、消費したのは600ml。

「苺平 あと40分」の道標を過ぎたあたりから急に空腹で力が出なくなった。カロリーメイト2本とアミノバイタル1本(粉末)を摂取して空腹は収まったが力が出ず、苺平までがつらかった。それ以降、南御室小屋まではほぼ下りなので何とかなった。

睡眠不足や前日の飲み過ぎのせいもあるのだろうか?

テントを張って、夕食を食べ始めると、太ももがつりそうになるので常時足を伸ばしていなければならなかった。

水分はこまめにとっていたから脱水によるものではないと思う。ミネラル、ビタミン不足、カロリー不足のせいだろうか? でもやっぱり前日の飲み過ぎのせいのような気がする。

18:00、気温15度。

たくさん飲んだせいか、いつの間にか寝たらしい。22:30に目覚めた。14度。

少し寒かったので、モンベルのバーサライトジャケットの下にユニクロのベストを着た。エマージェンシーシートを出す必要はなかった。

結露ゼロ。フライシートの内側は多少結露していた。さすがダブルウォールは快適。

ビール350ml、600円。3本も飲んでしまった+750mlのワイン。

濾過器は持ってこなかったので念のため帰路の飲み水を沸騰させてプラティパスに。1L程度沸騰させた。焼き肉1時間以上、1L以上の水を沸騰、朝食には400mlのお湯を沸かし、ソーセージを焼いてご飯を炒めた。帰ってきたときのIP110の重さは129g。220g-129g=91g使用したことになる。220gのアルコールでこれだけのことはできない。やはり汎用性としてはガスストーブにはかなわないな。日帰りや1泊でお湯を沸かすだけの食事くらいだとアルコールストーブの軽量性のメリットもあるのだが。

7月3日(日曜)

02:10、12度。

朝食セットだけをザックに詰めて2:35に山頂に向けて出発。

歩き始めて程なく力が出ないことに気づいた。やはり朝は少しでも何か食べるべき。残り2本だけになってしまったカロリーメイトを1本だけ食べてまずは薬師岳を目指す。

稜線に出るとさすがに風が強い。

ダウンベストとバーサライトを持ってきて正解。歩いているときにはバーサライトだけあればいいが、山頂で食事を作っているときにはそれだけでは少し寒い。

04:13、観音岳山頂。独り占め。天気予報は良くなかったが日の出は見られた。1時間ほどして下山開始。ほどなく曇りだし、ガスも出始める。白峰三山は常にガスがかかった状態。

南御室小屋に戻りテントを撤収。肉やワインはなくなったから1kgぐらいは軽くなっていたはずだが、実際にはテントやグランドシートが濡れていたのでそれほど軽くなってはいなかったのかもしれない。

撤収は30分もかからずにすんだのだが、先に10人以上のパーティが出発してしまったので、その後をたらたら歩かなければいけないのはいやだと思い、15分ほど待って出発した。苺平で抜けるだろうとふんで。ところがすでにもう疲れてしまっていてスピードが出ない。苺平に着いたらちょうどそのパーティが出てしまったところ。幸いちゃんとしたパーティで先を行かせてくれたので助かった。

杖立峠にたどり着く前に大腿筋に力は入らなくなるし、左膝は痛み出すし、肩も凝る、軽い頭痛までしだし、非常につらかった。前日、太ももがつりそうになったのと何か関係あるのか?

Img_1141_2

Img_1169

Img_1171

Img_1176

Img_1186

Img_1228

|

« 山行計画:燕岳・槍ヶ岳 | トップページ | 山行ツール:シートゥサミット リアクター サーモライト »

山行記」カテゴリの記事

コメント

まめサ~ン☆
今更ですが、初コメントです(^^ゞ
山の日記、おもしろいですね~今ざっくりですが、アレコレ読ませていただきました!
体がきつかったみたいですが、でも無事に登ってこれたみたいでなにより!
時刻表とか、めっちゃ調べて行くんですネ~!
私は温泉ですが、やっぱり時刻表めっちゃ調べます!
一本逃したら、大変なことになりますよね;
それにバス代とかって結構高いし、不便なものですが…
でもマイカーを使わない旅はいいものですよね、到着した時の喜びが違う気がします♪

山とかって空気薄くないんですか?
お酒飲みすぎでは!?(笑)
でも山でのビール&焼肉最高でしょうね、おいしそう♪
今度色々聞かせてください(^^)/

投稿: maco子 | 2011年7月15日 (金) 09時22分

maco子ちゃ~ん
コメントありがとう!

そうそう、都内と違って電車とかバスとか本数少ないですからね~。1日3本とか普通だったりするから。トラベルミステリー作家もこんなふうに時刻表調べまくるのかなとか思ったりします。coldsweats01

ぼくの場合マイカーを使わないのは、行き帰り寝られるのが最大の理由です。マイカー持ってないというのもあるんですけどね(^-^;

3000mくらいでも特に空気が薄いって感じたことはないですね~。でも人によっては2500mくらいから頭痛になったりするので酸素を持って行ったりする人もいるみたいです。

ビールはどこで飲んでも最高ですけど、山で焼き肉と一緒だと最高の最高ですね。生きてて良かった~!って感じですhappy01

投稿: 雪山でミルクティ | 2011年7月15日 (金) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/40767161

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:薬師岳・観音岳(雑記) 211.7.2-3:

« 山行計画:燕岳・槍ヶ岳 | トップページ | 山行ツール:シートゥサミット リアクター サーモライト »