« トレーニング:ジョギング | トップページ | 山行ツール:アルコールストーブ »

2010年2月14日 (日)

山行記:高川山

去年の10月以来初めての山歩き。

直前の天気予報では大月は曇り時々雨。奥多摩は曇り時々雪。出発の1時間前まで迷ったが予定通り高川山に向かった。四方津あたりまでは霧雨だったが初狩駅を出た頃には雪に変わっていた。

前回高川山に来たのは2008年2月10日。2年ぶり。

Dscf3771

当時はかなりの雪。日ともかなり多かった(↑2008年の写真)。

今回はたまご石のあたりまで下ってくる人1人の足跡があるだけ。

今回は男坂を登ってみた。

7:55に駅を出て9:14には山頂に到着。

山頂手前で、どこからともなくビッキーが現れてぼくを先導してくれた。

Sn3i0009

山頂には誰もいなかった。

三脚で写真を撮って、お湯を沸かしていると、男性が一人登ってきた。

田野倉から登ってきたという。来年の年賀状用に雪景色の写真を撮るためだそうだ。

ひとしきり話をして彼は男坂へと下山していった。

ぼくはカップヌードルを食べて、ミルクティならぬカフェオレを飲む写真を撮り、10:07に下山開始。

先ほどの男性の足跡をたどって下山。

男坂の方は、表面が霜柱でクラスト状なのだがその下の粘土はどろどろでかなり滑った。

田野倉の下山路は地面も凍結気味でアイゼンをつけた方がいいかなと思いつつそのまま下山。

しばらくすると、男坂と同じ状態。濡れ落ち葉も混じっていたりして、滑る滑る。何度も尻餅をつきそうになった。

ストックを取り出した。高川山にストックまで持って行く必要はないだろうと思ったのだが,持ってきてよかった。

前回は田野倉への分岐でそのまま田野倉に下ったのだが、今回は時間もあったのでにぎり山を回ってみることにした。

まあいい運動になったなという感じで、取り立てて何か見るものがあったりするわけではなかった。天気がよければまた違ったのかもしれないが。

登ったり下りたり、登ったり下りたり、これがにぎり山か?と何度も思いつつ、やっとにぎり山にたどり着いたら

Sn3i0013

これだけ。

写真はたくさん撮ったのだが、カメラを紛失してしまった。携帯に何枚か残っていた写真のいくつかの1つ。

ちなみにソニー・エリクソンのプレミア3のGPSは結構使える。木々が邪魔して空があまり見えないところでもGPSデータを受信できた。

にぎり山を下るとすぐに人家の前を通って車道に出る。右に曲がって甲州街道を進むと左手にコンビニがあるT字路を左に曲がると大月駅。

久々の山歩きとしては無理のないところで楽しかったかな。

|

« トレーニング:ジョギング | トップページ | 山行ツール:アルコールストーブ »

山行記」カテゴリの記事

コメント

行ってきたのですね~ヒサビサの山が雪山!
いいですねぇ~
この週末は雪たっぷりだったみたいですね
天気的には晴れて欲しかったところかもしれないけど
写真見てるとやっぱり楽しいそうです!
 
私もまた計画しなくっちゃsnow

投稿: さこぴー | 2010年2月15日 (月) 00時05分

やっぱりいいですよね、山歩き。
足が遠のいてしまうと何となくおっくうになってしまうんですけど、実際に行ってみると楽しい。
ぼくも、また週末にどこかに行こうかと考え中です。

投稿: 雪山でミルクティ | 2010年2月15日 (月) 04時50分

shock頼むから遭難しないでね・・近場でも危険だから・・。

ビッキー、人恋しかったのかな。小説になりそうなシーンだね。14日は
ほっくりとした新雪だったから、最高の山日和だなぁと思ってたけど・・。
やっぱり泥まみれになったかsmile

投稿: Yukiichigo | 2010年2月24日 (水) 20時24分

誰もいなかったから人恋しかったのかもね。愛想を振りまいたりしないし、写真を撮ろうとしてカメラを向けてもそっぽを向いたり、食べ物をあげても食べようとはしない犬なのに。
ビッキー、いつまで山頂に毎日登るのかなぁ。いなくなると寂しい思いをする人もたくさんいるんだろうな。

投稿: 雪山でミルクティ | 2010年2月24日 (水) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/33379119

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:高川山:

« トレーニング:ジョギング | トップページ | 山行ツール:アルコールストーブ »