« トレーニング:ジョギング2 | トップページ | トレーニング:ジョギング3 »

2010年1月 4日 (月)

ニュース:山田さんのパーティ、全員無事救助される

北アルプスの立ち往生7人、ヘリで無事救助(Yomiuri On Line)

 岐阜県飛騨市神岡町打保の北アルプス

(1996メートル)で、東京都武蔵野市西久保、山岳ガイド山田哲哉さん(55)ら関東地方の7人パーティーが大雪で動けなくなり、4日朝、同県警のヘリコプター「らいちょう2」に救助された。

 けがはなく、全員元気という。

 同県警飛騨署の発表によると、パーティーは30歳~50歳代の男性5人、女性2人。先月29日から1日までの計画で入山していた。3日早朝、富山県警を通じて岐阜県警に救助要請があり、同県警は4日、寺地山の1840メートル付近にいた7人を見つけた。

 山田さんはガイド歴16年のベテラン。救助後、同県高山市内のヘリポートで「31日に(富山県境の)黒部五郎岳を目指したが、雪がかなり積もっていたので進めず引き返した。下山が可能と思ったが、1日は600メートルしか進めなかった。心配をかけて申し訳ない」と話した。

 救助されたほかの6人は次の通り。

 東京都八王子市高倉町、会社員安藤佳延さん(39)▽横浜市緑区、エンジニア井口達也さん(48)▽千葉市花見川区、公務員金内佳子さん(36)▽栃木県栃木市平柳町、会社員川合昇さん(42)▽茨城県下妻市若柳甲、公務員古谷野淳さん(33)▽神奈川県大和市中央林間、教員本郷順子さん(50)

(2010年1月4日10時44分  読売新聞)

北ア遭難のガイド語る 「肩を超す積雪で進めず」(Doshin Web)

 「肩を超す積雪で全く前に進めなかった」。北アルプス寺地山を下山できず、救助された登山パーティーの7人。4日午前、岐阜県警のヘリコプターで高山市内に下りた。しっかりとした足取りながら、積雪で閉ざされた北アルプスの大自然に驚きを隠さなかった。

 救助された山岳ガイドの山田哲哉さん(55)はガイド歴16年のベテラン。「お騒がせしました」。山田さんは疲れをみじんも顔に出さず、報道陣に頭を下げた。

 7人は12月29日に入山したが、31日に急激に天候が悪化したという。「1日かけても600メートル引き返すのが限界だった」。自力で下山できないと判断し救助を求めた山田さんは「気象状況も随時チェックしていたし、食料や燃料も十分だった」と語り、積雪が想定外だったことを強調した。

(01/04 11:02)

南アルプス・聖岳に入山した夫婦も無事救助された。

北アルプス・奥穂高岳に入山した東灘勤労者山岳会の男女3人のパーティは見つかっていない。そのうちの1人と思われる男性の遺体が回収された。見つかったテントの中にはだれもいなかったらしい。

生還したケースもそうじゃなかったケースも、事故を減らすために分析してほしいものだ。

|

« トレーニング:ジョギング2 | トップページ | トレーニング:ジョギング3 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/32850982

この記事へのトラックバック一覧です: ニュース:山田さんのパーティ、全員無事救助される:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/01/05 09:17) [ケノーベル エージェント]
横浜市緑区エージェント:あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。ご訪問をお待ちしています。... [続きを読む]

受信: 2010年1月 5日 (火) 09時18分

« トレーニング:ジョギング2 | トップページ | トレーニング:ジョギング3 »