« トレーニング:ジョギング3 | トップページ | So You Think You Can Dance season 4 #15 »

2009年12月27日 (日)

So You Think You Can Dance season 4 #14 top 12

1.チェルシー、マーク。サルサのパフォーマンスを目にすることが多いせいか、サルサのナンバーはいまいちだった。タイスのナンバーはすばらしかった。

2.コンフォート、セイン。タバサとナポレオンのコリオグラフィーはすばらしい。今シーズンのコリオグラフィー、最高。ダンスの方はいまいち。2つめのパフォーマンス、マンディーのコンテもコリオグラフィーはよかったけれど、やっぱりエクセキューションよくなかった。トップ12落ちる二人はやはりこの二人かなというきがする。

3.ジェシカ、ウィルの1つめは、えっ、これがタイソンのコリオグラフィー?と、いい意味でかなり驚き。2つめのナンバーのクイックステップは、素人目にもさんざんだった。やっぱりクイックステップというのは難しいんだ。技術面では間違いなくトップに入ると思われるウィルですら、あまりうまくないなぁと素人にも分かってしまう程度までしかできないのだから本当に難しいんだろうと思う。基礎的素養ができていて、身体能力に優れていても、短時間でマスターできないダンスと、何とかそこそこまでできるようになるダンスがあるというのは本当に興味深いところ。

4.コートニー、ゲブ。アーニャとパーシャのコリオグラフィーによるチャチャ。スポンテイニアスなものが好きなぼくとしては、ボールルームダンスってあまり惹かれないのだが、クイックステップにしてもチャチャにしても、ボールルームダンスっていうのは本当に難しいんだなと思った。2つめのパフォーマンス、マンディーのコンテの方は文句なく楽しめた。ナイジェルはcotton candyと厳しいコメントだったけど。ミアのナンバーやコンフォートとセインが踊ったマンディー自身のセンシュアルなナンバーとは打って変わって、エネルギーいっぱいのコンテも楽しかった。

5.ケーリントン、トゥイッチ。クランプは、やはりトゥイッチの方に目がいきがちだったがケートリンもよかった。タンゴはいただけなかった。パソドブレもいまいちだったけど、パソドブレの方がまだましだったな。

6.ケイティ、ジョシュア。ウィンナーワルツもやっぱり難しいんだな。コリオグラファーも大変なんだろうと思う。自分が作りたいコリオグラフィーとダンサーが踊れるコリオグラフィーのせめぎ合いの中で作って行かざるを得ないんじゃないかと思う。#10でケートリンとトゥイッチが踊ったウィンナーワルツもそうだったけれど、ほとんどコンテの振り付けに申し訳程度にウィンナーワルツが入っているという程度。あまりぼろが出ないようにするにはそうせざるを得なかったのじゃないかと思う。ボリウッドは悪くなかった。というか、インディアンレストランで流れているビデオでぐらいしか見たことがないから比較しようがないというのが正直なところだが。アメリカの一般視聴者がどうとらえるか…。

やっぱりこの中では、コンフォートとセインが落ちちゃうのはやむを得ないのじゃないかという気がする。

結果は2時間後の番組で分かる。

|

« トレーニング:ジョギング3 | トップページ | So You Think You Can Dance season 4 #15 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/32758706

この記事へのトラックバック一覧です: So You Think You Can Dance season 4 #14 top 12:

« トレーニング:ジョギング3 | トップページ | So You Think You Can Dance season 4 #15 »