« 山行ツール:単眼鏡 | トップページ | 山行記:白峰三山 2009年9月20日 4 »

2009年10月 2日 (金)

高山病

症状:

頭痛
食欲不振
吐き気
嘔吐
倦怠感
虚脱感
めまい
睡眠障害

高度2500m以上に急激に上った場合、25%以上の人に上記症状が3つ以上現れる。

初期症状は本人でないとわかりにくい。我慢して重症になる前に周囲のメンバーに申告し、迷惑をかけないようにする。

毎日、脈拍や呼吸数・体温などを起床前にチェックする習慣をつけ、変調を早期発見できるようにする。

治療:

軽症急性高山病
休息・安静
アセトアミノフェンなどの非ステロイド系の鎮痛解熱剤の服用
ダイアモックス250~500mg/日。

気を配ること:

気圧の高い日に活動する。
呼吸器系に気を配る。風邪に注意。タバコはだめ。
有酸素能力を高める。日ごろから有酸素運動をして最高酸素摂取量を高める。

|

« 山行ツール:単眼鏡 | トップページ | 山行記:白峰三山 2009年9月20日 4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/31603806

この記事へのトラックバック一覧です: 高山病:

« 山行ツール:単眼鏡 | トップページ | 山行記:白峰三山 2009年9月20日 4 »