« 山行記:立山・剱岳 2009年8月14-17日 4 | トップページ | 山行記:立山・剱岳 2009年8月14-17日 2 »

2009年9月10日 (木)

山行記:立山・剱岳 2009年8月14-17日 3

行動記録

新宿発さわやか信州号


室堂ターミナル到着








玉殿岩屋

この手前にもちょっとした岩のくぼみがあり、そこが玉殿岩屋かと思ってのぞいていたら、玉殿岩屋から戻ってきた人が、玉殿岩屋はこの先ですよと教えてくれた(汗)。





雪渓。ひたすら石畳の道を上る。


一ノ越山荘





一ノ越小屋の後ろに見えているのが浄土山。立山山荘の分岐左のルートをたどるとここから一ノ越に降りてくることになる。



登ってきた室堂山荘からの石畳の道。ミクリガ池が見えている





南に見えている槍ヶ岳。



振り返って見下ろす一ノ越山荘。






「立山」一等三角点


雄山神社



標高3003m。確かに登りはきついが、一ノ越からの標高差は300mほど。ここまでは観光客や小中学生が遠足で来るところなのでゆっくり登れば問題なく来ることができる。写真左手は雄山神社社務所。実質的には売店だ。カップ麺も帰るしビールも売っている。右上に見えるのが雄山神社本社。ここに登るには参拝料を払う必要がある。

大汝山へと縦走するにはその手前を左に巻いていく。





大汝山側から見た雄山神社本社。






大汝山



「立山」とは雄山、大汝山、富士ノ折立のことを指し、「立山に登る」とは雄山に登ることを一般には指すそうだ。が、ここで一番高いのはここ大汝山。標高3015m。雄山から片道20分程度。


大汝休息所


黒部湖





富士ノ折立の手前の雪渓。エマージェンシーシートをソリ代わりにしていた。勢い余ってその先、黒部湖側に行ってしまうと、そこは切れ落ちた壁。はしゃぎすぎには注意。






富士ノ折立






内蔵助カール








真砂岳









別山から別山乗越への尾根に突き刺したまち針(笑)。


別山



ぼくはここまでですっかり消耗。ベンチに寝たきりじいさんとなってしまい、北峰には行かずじまい。

|

« 山行記:立山・剱岳 2009年8月14-17日 4 | トップページ | 山行記:立山・剱岳 2009年8月14-17日 2 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/31322979

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:立山・剱岳 2009年8月14-17日 3:

« 山行記:立山・剱岳 2009年8月14-17日 4 | トップページ | 山行記:立山・剱岳 2009年8月14-17日 2 »