« 山行ツール:三脚 | トップページ | 山行記:鳳凰三山2009年9月4-6日 3 »

2009年9月 9日 (水)

山行記:鳳凰三山2009年9月4-6日 4

9月6日日曜

5時前に起床。

雲が厚く、日の出は見られなかった。

爆睡したようだ。かなりいびきなどでうるさかったらしいがまったく気づかなかった。家にいるときよりも熟睡したと思われる。



5時半朝食。弁当を持って出かける人もいるせいか、朝食をここでとる人の数は夕食をとった人の数より少ないので、多少ゆったりしていた。ご飯とお茶はおかわり自由







2Lほど給水して、6:35に鳳凰小屋を後にする。



イノシシのようだと部長が言うので撮ってみた。





見えているのがオベリスク。ここは急登の上、砂なので足を取られる。昨日の夕食の時の説明では、「水前寺清子の歌を歌いながら登ってください」(「三歩進んで二歩下がる~」)というところ。

昨日のことが嘘のように体調がいい。酒の飲み過ぎもあったのだろうが、睡眠不足が続いていたのもあったのだろうと思う。

尾根が間近にせまってきたあたりで、左手に行く道とオベリスクに向かう道とに分かれる。左の道を行くと賽の河原に出る。

去年、仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳に登った際に見て以来、オベリスクに登ることが部長の目標の1つにだったのだから、当然オベリスクに向かう。



砂の急登を登り切ったところにあるお地蔵さんのあたりにザックをデポして、いよいよオベリスクへ。





部長、いよいよロープを頼りにオベリスクに登り始める。



ガスは濃くなる一方。







部長の姿、確認できず。



スタントマンとすり替わっていなければ、部長のはず。







あのポーズは部長に間違いない(笑)。

































お地蔵さんが1人脱走したようだ(部長の手元にある六角形の台座)。









賽ノ河原。



1年来の目標を達成して、後は帰るだけ。















ガイドブック等ではほとんど触れられていないが高嶺も景色がよくて結構いいところだった。ここで、甲府で買った(つぶれた)おにぎりとカロリーメイトでエネルギー補給。この先はひたすら下るだけだから。











意外に道を見失いやすい。部長も3度、道迷いしそうになった。



白鳳峠から白鳳峠入口までの下りが非常にきつい。





荒れ放題。



はしごやロープ、クサリが出てきたらあと一息。



白鳳峠入口。後は歩道をバス停まで。12時半のバスはすでに満席。床に座ってもかまわないというので、次の便ではなく、この便で岐路につく。が、途中どんどん乗車してきて夜叉神から1時間15分は立ちっぱなし。白鳳峠からの下りの後だっただけにしんどかった。

|

« 山行ツール:三脚 | トップページ | 山行記:鳳凰三山2009年9月4-6日 3 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

鳳凰三山お疲れ様でした。
東京からだと結構アプローチがいいところですよね
東海方面からはやっぱり遠い

山小屋のカレーライスの食事の写真
ああやっぱり南アルプスだって思って見させていただきました

投稿: YAMACYAN | 2009年9月10日 (木) 21時03分

そうなんですか? 
無意識にカレーは富士山だけ(o^-^o)と思い込んでいたみたいで、カレーを見たときには軽いショックがありました。おかわりできたのは何よりですけど。

結局この夏は、日本アルプス、北・中央・南とみんな行ってしまいました。JRのあずさを使うと結構近いんですよね(ふところには響きますが)。季節定期みたいなのがあればいいのにと思いましたhappy01

投稿: 雪山でミルクティ | 2009年9月10日 (木) 23時29分

オペリスク、写真で見るとかなり急ですね。
私だったら登るの躊躇しちゃいそうです。

投稿: なべけん | 2009年9月11日 (金) 01時49分

道迷い3回って・・数えてるあたりdespair

カレー、好きだけれど、高度をあげるたびに香り
が立ち上ってくるのよね・・(ノ_-。)高度があがる
と体内圧が・・。

でも大変に良い宿でしたhappy01

投稿: Yukiichigo | 2009年9月12日 (土) 09時17分

なべけんさん
オベリスク、実際に急です。
しばらく見ていましたが、彼女の他に登った人はいませんでした(ぼくも含めて)。
オベリスクの麓まで行く人はたくさんいるのですが、そこでさんざん逡巡して降りてきていましたよ。

投稿: 雪山でミルクティ | 2009年9月13日 (日) 13時44分

数えていた訳じゃないよ。山行記を書くのに記憶をたどっただけだよ。

カレーとはいえ、おなかいっぱい食べさせてくれるんだからありがたく思わないと。自分たちで食材を担いでいって料理することを考えたら文句を言っちゃ罰が当たるよね。

北アルプスや北沢峠あたりの山小屋で甘やかされた証拠だよね。

投稿: 雪山でミルクティ | 2009年9月13日 (日) 13時50分

うん、確かに。山小屋はホテルじゃないもんね。私は鳳凰小屋、気に入ったわ。
設備面では「女性向」ではないけれど・・名ガイド(?)さんとご主人の雰囲気
も良かったので印象に残る。長テーブルにカレーも合宿っぽくて楽しかったです。

投稿: Yukiichigo | 2009年9月17日 (木) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/31307020

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:鳳凰三山2009年9月4-6日 4:

« 山行ツール:三脚 | トップページ | 山行記:鳳凰三山2009年9月4-6日 3 »