« 山行記:木曽駒ヶ岳・宝剣岳 2009年8月19・20日 3 | トップページ | 山行記:木曽駒ヶ岳・宝剣岳 2009年8月19・20日 1 »

2009年9月14日 (月)

山行記:木曽駒ヶ岳・宝剣岳 2009年8月19・20日 2

20日(木)、6:45駒ヶ根駅前にあるバス停




8:33千畳敷駅を出発



ロープウェイ待ちを回避すべく始発できたのだがやはり結構込んでいた。千畳敷駅から写真中央に見えている鞍部(八丁坂を登り切ったところの広場)までガイドブックでは50分。かなりのきつい登りだが35分ほどで到着。








八丁坂を登り切ったところの広場



この広場、右手の尾根沿いにいくと伊那前岳。ここが浄土乗越かと思ったが、浄土乗越は左手に2分ほどのところ。



青い屋根が宝剣山荘、赤い屋根が天狗荘。





乗越浄土から右へ。中央に見えているのが中岳。右斜めの道を進む。向かって左手に巻き道がある。帰路はこちらを通る予定。この巻き道、実はちょっとスリリング。







振り返って。宝剣山荘の向こうに見えているのが宝剣岳。見るからに岩だらけ。あのちょこっと飛び出ているのが山頂。1人立つのが精一杯とガイドブックに書いてあったが、それが誇張ではないことが後になってわかる。





このさびさびになっているのが明治40年に山頂で発見された鉄剣と錫杖で、平安時代のものと考えられている…それは違う山の話か。





またやっております。ホント高いところに登るのがすき。







中岳からみた木曽駒ヶ岳。その先尾根沿いには木曽前岳。ここの稜線歩きも気持ちよさそうだが、今回は木曽駒ヶ岳山頂まで。



|

« 山行記:木曽駒ヶ岳・宝剣岳 2009年8月19・20日 3 | トップページ | 山行記:木曽駒ヶ岳・宝剣岳 2009年8月19・20日 1 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/31377170

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:木曽駒ヶ岳・宝剣岳 2009年8月19・20日 2:

« 山行記:木曽駒ヶ岳・宝剣岳 2009年8月19・20日 3 | トップページ | 山行記:木曽駒ヶ岳・宝剣岳 2009年8月19・20日 1 »