« ニュース:大雪山系遭難:「防寒着、本人責任」 | トップページ | 読書: The Boys of Everest, by Clint Willis »

2009年7月20日 (月)

大雪山系遭難:当事者だったら

ツアー会社が悪い、ガイドの判断ミス、山岳ツアーというもの自体がいけない、参加者の自己責任等々、誰が悪いのかみんな決めつけたがるが、実際のところは事実が解明されるまでは、すくなくともわからないはず…。

それよりもぼく個人としては、自分がもしツアー参加者だったら…という方がいろいろと思うところがある。

用心深い性格なので、今回のようなツアーにもし参加したとしたら、ルート、エスケープルートを調べてGPSに入力するだろうし、気候条件等を調べるだろう。万が一のためにツェルトも持参するだろう。

しかし自分がいくら万が一のときに備えたとしても、グループで行動する場合には自分の準備だけではどうしようもないことというのもある。

これはやばそうだなと思ったとき、ガイドの判断に逆らってまで単独で下山するだろうか? (心理的に)下山できるだろうか? GPSのデータがあるからルートはまったく見当がつかないわけではない。単独で下山することは物理的には可能と思われる。しかしベテランであると思われるガイドの判断と、経験2年程度の自分の判断を秤にかけたとき、自分をそこまで信じられるだろうか?

自分の体力はまだある。が、メンバーに動けなくなっている人がいる。その人を残して自分だけ下りてこられるだろうか?

もう動けない、ビバークした方が安全、という状況になったとき、1人用のツェルトを持っていた場合、ほかのメンバーがいる中、ツェルトを取り出して自分だけその中に潜り込めるだろうか?

極限状態になったとき、自分が死ぬか生きるかという状況になったとき、どういう行動を取るのだろう。そのツアーではじめてあった人と生死をともにするのだろか? 自分だけ生き残ろうとするのだろうか?

ツアーでは(建前上)、一番遅い人のスピードに合わせることになっていることが多い。悪条件が重なった場合、ツアーでは一番装備や準備の悪い人にメンバー全員の命運をあわせることになるのだろうか。

|

« ニュース:大雪山系遭難:「防寒着、本人責任」 | トップページ | 読書: The Boys of Everest, by Clint Willis »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/30626582

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪山系遭難:当事者だったら:

« ニュース:大雪山系遭難:「防寒着、本人責任」 | トップページ | 読書: The Boys of Everest, by Clint Willis »