« 携帯電話:英語予測入力機能と2タッチ入力機能:Docomo | トップページ | 羊蹄山有料登山ツアー凍死事件 »

2009年7月23日 (木)

大雪山系遭難:自戒

凍死の7人は軽装、生存者は防寒上着 大雪山系遭難

 北海道大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の遭難事故をめぐり、凍死したツアー客7人全員が、防寒、防水機能が低いウインドブレーカーなどの軽装だったことが道警への取材でわかった。他方、助かった10人は全員が、強い雨に長時間打たれても雨を通しにくく、防寒機能もある上着を着ていたという。

 18人はみなフリース素材の服の上からカッパやウインドブレーカーなどの上着を着ていたが、死亡した客7人の上着は夏用とみられる生地で、発見時、雨がしみ込み、中がぬれていたという。

 体温低下を防ぐにはニット帽やフードなどで頭部から首筋を冷やさないようにする必要もあるが、死亡した7人は機能性が低いフードしかかぶっておらず、雨が首筋などを冷やし、短時間で低体温症に陥った可能性があるという。

 ただし、死亡したガイド1人は防寒機能がある上着だったという。

|

« 携帯電話:英語予測入力機能と2タッチ入力機能:Docomo | トップページ | 羊蹄山有料登山ツアー凍死事件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/30659728

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪山系遭難:自戒:

« 携帯電話:英語予測入力機能と2タッチ入力機能:Docomo | トップページ | 羊蹄山有料登山ツアー凍死事件 »