« 日帰り登山を楽しむには | トップページ | 山行計画:伊豆ヶ岳(埼玉) »

2009年5月18日 (月)

山ランチの研究:生パスタ

先日の丹沢山山行では無印良品のリゾットを試してみた。

リゾットは嫌いではない。調理時間が足りなかったのか、消化不良というかおなかにもたれるような気がした。1人前150g。60gの水を加えて調理する。

2人分だと420g。

カップ麺だと1人あたり300g程度の水がいるのでそれよりは軽いのだろうが、150gのリゾットとカップ麺1つと、どちらが満足感があるか…。

食料の重さも結構バカにならないので、実験を始めた。

まずはパスタ。

乾麺の方が軽量だが水を大量に必要とする上、ゆで時間も10分前後。

ということで生麺を試してみた。

★6mm幅の平麺★生パスタ★6mm タリアテッレ 130g ★6mm幅の平麺★生パスタ★6mm タリアテッレ 130g

販売元:食とスポーツをお届け パパスター
楽天市場で詳細を確認する

生麺、200グラム(ゆであがりで300グラム強-2人でそこそこおなかいっぱいになると思われる)を400gのお湯でゆでる。

生麺なので3,4分でゆであがる。

オーマイ チーズクリームソース生風味 2人前(35.5g×2)

オーマイ チーズクリームソース生風味 2人前(35.5g×2)
販売元:ネットスーパーtakenoko
ネットスーパーtakenokoで詳細を確認する

レシピどおりであれば2人前(71g)使用する必要があるのだが、実際に使ってみるとしょっぱすぎる。1袋で試したらぼくにはちょうどよかった。

パスタ200g、水400g、ソース35.5g。合計635.5g。

ゆで汁をスープにするなり、必要ならパンを少し持っていくなりすると、二人分の食事でも1kgを切れる。

もちろん、日帰り山行にわざわざ荷物を重くするだけじゃなく、お昼時間も長くなるような食べ物なんか持っていかずに、軽くてさくっと食べられる持っていったほうがいい、という考え方もあるだろう。

でも、ひなたぼっこをしながら、景色のいいところでゆっくりお昼するという楽しみも捨てがたいと思っているぼくとしては、生パスタもいい選択肢だと思う。

|

« 日帰り登山を楽しむには | トップページ | 山行計画:伊豆ヶ岳(埼玉) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/29673447

この記事へのトラックバック一覧です: 山ランチの研究:生パスタ:

« 日帰り登山を楽しむには | トップページ | 山行計画:伊豆ヶ岳(埼玉) »