« 山行記:塔ノ岳・丹沢山 2009年5月10日(日) 4 | トップページ | 日帰り登山を楽しむには »

2009年5月10日 (日)

山行記:塔ノ岳・丹沢山 2009年5月10日(日) 5

12:50塔ノ岳山頂を出発

遅くならないうちに丹沢山に行こうということでお昼は丹沢山でとることにする。

それほどたいしたアップダウンではないのだが、すでに6時間以上歩いていることに加え、この道をまた戻ってくるのかと思うと足が重くなる。

こちらまで足を伸ばすハイカーが少ないためか、よく整備された表尾根と比べると…。

丹沢山山頂13:45

塔ノ岳山頂に比べると極端に人が少ない。もっとも、すでに時間が遅いというのもあるのだろうが。

350mlのビールを飲んだ。日帰り登山の山頂でビールを飲んだのはこれが初めて。

調理に忙しく(チタンのクッカーはすぐ焦げ付く)、写真を撮っている暇がなかった。というか空腹でそれどころではなかったというのが正直なところ。

あっという間に1時間以上経つ。

14:55塔ノ岳を出発

部長は1.5L、ぼくは3Lほど水を持ってきたのだがすでに心許ないので、尊仏山荘で購入。ここでもまた部長はお話にはまる。1543に到着して、出発したのが16:15

計算通りならバス停に着くのは19時ごろ…。

ところが部長、早い早い。下山中はほとんど彼女の背中が時折遠くに見える程度。ぼくがちゃんとついていることを確認したらどんどん降りていく。左膝のカバーに使っていて1本のステッキを2本に増やし、あれていない道ではノルディックスキーのようにステッキで加速してかろうじて彼女に追いつく。

写真を撮っている暇なし。

この分岐点は前回、間違った方向に進んだところ。どちらも2.3kmと書いてあるが、地図上では直進すると大回りになっている。今回は地図で確認して左の道を下る。

(これがどうして同じ2.3kmなんだろう!)

先ほどの分岐がここで合流。

大倉バス停到着18:30。日の入り5分前。部長の愛の鞭のおかげで無事下山した。

運良くか運悪くか、身支度をするまもなくバスが到着。

|

« 山行記:塔ノ岳・丹沢山 2009年5月10日(日) 4 | トップページ | 日帰り登山を楽しむには »

山行記」カテゴリの記事

コメント

有名な山だけあって
登山道も整備されてますが
やっぱり人が多いだけに
山道もそれだけ荒れてしまっているんでしょうね

僕の近くの山でも荒れてしまった山道結構ありますけど
塔ノ岳や丹沢山みたいにはなかなか整備されてませんね

投稿: YAMACHAN | 2009年5月17日 (日) 07時54分

YAMACHANさん
ご無沙汰しております。
荒れてしまった山道を見るのも悲しいですが、整備されすぎていて公園の散歩道のようになっている山道もちょっとかなしいです。
まあ、勝手なものですよね。

投稿: 雪山でミルクティ | 2009年5月22日 (金) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/29599547

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:塔ノ岳・丹沢山 2009年5月10日(日) 5:

« 山行記:塔ノ岳・丹沢山 2009年5月10日(日) 4 | トップページ | 日帰り登山を楽しむには »