« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月6日 - 2008年7月12日 »

2008年6月29日 - 2008年7月5日の9件の記事

2008年7月 4日 (金)

山行計画:乾徳山

天気も良さそう。

天気予報対象場所

山梨県山梨市三富徳和(404-0205)

発表時刻

天気

気温(高/低:℃)

降水確率(%)

風速(m/s)

7月4日09時

晴れのち曇り

32/21

30

2/1

Exite天気予報(powered by LBW)では、15時、0.5mlの雨、18時、3.0mlの雨が予想されているが、ウェザーニューズでは、15時以降は曇り。

気象庁(4日9時 甲府地方気象台 発表)の予報は甲府周辺で、やはり晴れのち曇り

朝 から 昼過ぎ 晴れ 所により 夕方 から 雨 で 雷を伴う

というのが多少気になるが、決行決定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

山行計画:乾徳山

なんか、計画のエントリーばかりでさっぱり行動が伴ってない…。最後の山行は6月7日の川苔山。1カ月が過ぎようとしている。

いくつかの計画を温めていて、タイミングを見計らっているところ。

やっと今週末、山に行けそう。

友達も誘っての山行なので、新宿からアクセスがよくて、なおかつおもしろい山。で、土曜日の天気がよい場所。

最後の条件が一番厳しく、この1週間、奥多摩や山梨、箱根の天気を毎日見ていた。

天気さえよければ鷹ノ巣山に、と考えていたのだが、結局奥多摩の天気は今ひとつのようなので、中央線沿線でおもしろいところを探してみた。

以前から行ってみたいと思っていた乾徳山がよさげなので、詳しく調べてみた。細かいことはホームページに書いたので、ここには書かないが、アクセスが今ひとつ(自家用車を使えば話はまた別なのだろうが)。

塩山(えんざん)駅からのバス、本数が少ないうえに、始発が遅く、最終便がweep

牧丘タクシーというタクシーのサイトがあって、そこには1台に5人乗れると書いてある。5人で乗れば、塩山から登山口まで4000円ぐらいだから、ひとり当たりバス料金より150円ほど高い程度。

でも、タクシーって5人も乗れるのだろうか? 菩薩峠の福ちゃん荘のサイトにも、タクシーを5人で乗って云々と書いてあるので、たぶん乗れるということなのだろう。

乾徳山、最後の岩場がすごそうだなぁ。いかにも「登る」という感じのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山行情報:夏山天気予報

日本気象協会が7月1日から8月31日の期間、高山を中心とした山岳天気予報を提供している(夏山天気予報) (詳細)。

有料だがケータイでも提供されており、1日に2回データが更新されるので、ケータイの電波が届く範囲であれば縦走の際に役に立ちそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

山行情報:静岡側3ルート、依然通行止め

7月1日現在、静岡県建設部発表

残雪が多く、富士宮口は8合目まで、御殿場口は6合目まで、須走口は新5合目までしか登れないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月30日 (月)

山行情報:静岡側3ルート、去年全線解除になった時期

静岡県 沼津土木事務所のサイトにある

富士山登山道(新五合目~山頂)の通行規制解除状況

によると、去年の通行規制解除の時期は(去年も今年と同じように雪が多かったらしい)

須走口:7月7日0時御殿場口:7月18日17時富士宮口:7月18日12時 須走口から登って御殿場口に降りるというルートを7月第2週末までに実行するのは難しそうな気がしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山行情報:静岡側3ルート

山梨側は一応通行止め会場が報じられたが、静岡側のルートはどうなっているのか。

静岡県のホームページの沼津土木事務所のページに行くと

富士山新五合目までの県道の交通開放のお知らせ

というエントリーがあり、ここには、

7月1までに山頂まで行けるようになる見通しは低いとあり、続けて

今後の開通予定については、6月末に再度調査を行ったうえで発表します。

とある、ということは今日30日に調査を行っているということだろうか? お役所の人の仕事時間はすでに過ぎているが、特に発表は掲載されていない。

除雪した吉田口でさえ、下山道がオープンされていないのだから、静岡ルートは当面無理か?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山行情報:富士山吉田口登山道、山頂までオープン

山梨県のサイトによると

富士山吉田口登山道の冬期閉鎖解除

7月1から、五合目から山頂までの閉鎖が解除されることになったようだ。

ただし、下山道の元祖室(がんそむろ)あたりには1メートル前後の残雪があるということで、登山道を登りと下りで共有するようだ。

吉田口にしてこれだとすると、他のルートの閉鎖が解除になるのはまだしばらく先か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

山行計画:7月5、6日

友達を誘ってと考えているのだが、現時点では土曜日の天気予報しかわからないが、降水確率は高い。梅雨時だからやむ得ないのだが。(2008年6月29日10時36分現在、奥多摩、大月、丹沢、箱根、いずれも降水確率は50%)

せっかくスケジュールが合いそうなので、天気の好転を期待したい。

で、どこに行こうか・・・。

箱根の神山だと、あまりにもあっさりしているような気もするし・・・。

鷹ノ巣山なんか良さそうなのだが、時間を考えるとピストンになってしまいそうだし・・・。

悩ましいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山行ツール:デジカメ:Optio W60

★☆プロテクタージャケット O-CC812プレゼント! ★☆PENTAX Optio W60 オーシャンブルー +プロテクタージャケット付き ★☆プロテクタージャケット O-CC812プレゼント! ★☆PENTAX Optio W60 オーシャンブルー +プロテクタージャケット付き

販売元:デジカメ オンライン
楽天市場で詳細を確認する

Option W60、評判も結構よさそう。

山で使う分には、「水深4mで連続2時間の撮影ができる」必要は全然ないのだが、雨や徒渉の際にカメラのことを気にせず写真を撮れるというのはかなり惹かれる。

比較対象となるとオリンパスのμ1030SWになるわけだが、こちらは、まずなんといっても重すぎ(とっとと、x-Dカードを切り捨てればもう少し軽くなるのではないかと思うが)。-10℃まで使用可能、耐衝撃機能は山で使う際のメリット。

使い捨てと割り切ってしまえばどうでもいいのだが、ペンタックスの将来性もちょっと気になる。法人としてのペンタックスは今年、HOYAに飲み込まれて消滅した。ペンタックスというブランドは残っている。でもそれってちょっと、気になるといえば気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月6日 - 2008年7月12日 »