« 2008年4月13日 - 2008年4月19日 | トップページ | 2008年4月27日 - 2008年5月3日 »

2008年4月20日 - 2008年4月26日の4件の記事

2008年4月26日 (土)

山行ツール:DG-0602

DUG スキットル 6オンス DG-0602

誕生日のお祝いに、こんなものをいただいた。

スキットル6オンス。

何がうれしいって、気持ちが一番うれしい。happy02

これにラム酒を詰めておけば、セントバーナードのお世話にならなくてもすむbleah。(あの樽に詰まっているのはブランディーかと思っていたが、Wikiによればラム酒なんだそうだ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

GPSに気圧計は必要か?2

時間がないのでまずは、ガーミンのFAQsから

Altimeter_calc

(写真をクリックすると大きくなる)

かいつまむと、精度は

  自動校正をオンにすると±50~125フィート(15~37.5メートル)

  手動校正をすると、校正後15分間については±10(3メートル)

  WAASを利用すると±25~50(7.5~15メートル)

  手動校正の場合は、1時間ごとに校正するのが望ましい。

  自動校正の精度は、GPSの高度精度と同じ。

ということで、前回書いた結論になる。自動校正に設定するのであればGPSの高度精度と同じであり、気圧計を持っている意味がない。高い精度が得るには、1時間ごとに手動校正が必要。GPSが気圧計を搭載していなくても、WAASを利用すれば、かなり高い高度精度が得られる。

であれば、Legendで十分なわけだ。ただし、これは高度精度に限った話で、気圧計が搭載されていれば、たとえば、天気の変化の予測に利用できる。Vistaは電子コンパスも搭載している。電子コンパスがあれば、立ち止まっていてもGPSで方向を把握できる。

それに対して2万円の価格差の価値を見いだせるかどうかが、LegendかVistaの洗濯の分かれ目だろうか。

蛇足:大気圧と校正気圧の違いは

Barometer_pressure

続きを読む "GPSに気圧計は必要か?2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

GPSに気圧計は必要か?

明神ヶ岳の山行記でちょっとふれたが、eTrex Vista HCxでは400mほどの高度の誤りが出た。今回だけではなく九鬼山の際にも同じような誤りがでた。

Gekoでは起きなかった現象だ。

この現象の原因がVistaが搭載している気圧計によるものかどうかは、詳しく検討してみる必要があるものの、気圧計が原因ではないかと疑っている。

そもそも気圧計は必要なのか?

ガーミン イートレックス ビスタHCx(eTrex Vista HCx) ガーミン イートレックス ビスタHCx(eTrex Vista HCx)
販売元:ナチュラム Yahoo!支店
ナチュラム Yahoo!支店で詳細を確認する

気圧計が必要ない(かつ電子コンパスも必要ない)とすれば、2万円近くやすいeTrex Legend HCxで十分と言うことになる。

【値下げ】【送料・代引手数料無料】eTrex Legend-HCx 日本語版 【値下げ】【送料・代引手数料無料】eTrex Legend-HCx 日本語版

販売元:IDA ON−LINE
楽天市場で詳細を確認する

結論から言えば、1)正確な高度を気圧計に求める、2)1時間に1回高度校正を行う、の2つの条件を満たさないのであれば、GPSに気圧計は不要と思われる。

詳しいことは、ガーミン(英語)サイトのFAQsをみると分かる(時間ができたらもう少しこの件については、書いてみたい・・・がcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

山行記:明神ヶ岳2008年4月20日(日)

滝子山で懲りたはずなのに…。睡眠不足は堪える

またしても、準備で寝たのは深夜12時過ぎ。

5時起床。これじゃあ平日よりも睡眠時間が短いじゃん。

おにぎりを作るなど最後の準備。

7時、小田急新宿駅到着。多くのハイカーが目につく。

アナウンスに耳を傾けると、電車が動いていない!

海老名駅での信号機故障で始発から電車が動いていない!!

続きを読む "山行記:明神ヶ岳2008年4月20日(日)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年4月13日 - 2008年4月19日 | トップページ | 2008年4月27日 - 2008年5月3日 »