« 人事ではないムンバイ同時多発テロ | トップページ | AとBの関係はCとDの関係と同じ »

2008年12月 6日 (土)

大山三峰山

あまりガイドブックで紹介されていないようだが、丹沢に大山三峰山というところがある。

標高935mだが『東京・首都圏の山300』

東京・首都圏の山300 東京・首都圏の山300

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

では、所要時間5時間50分、中級者向けとなっている。

「引き返す勇気が必要」という注意書きがたくさんあるらしい。

このかたの大山三峰山山行記は写真が多いので参考になる。

平成15年の梅雨前ということらしいので、現状は少し(かなり?)変わっているかもしれない。

kojiさんの大山三峰山も参考になる。

写真はあまりないが、2008年11月に行かれたchibani-chanさんの大山三峰山も参考になる。

こうしたブログ等を見た限りでは、「中級者向け」というのは警告的な意味も多少あるのではないのかと思う。

そもそも、中級者というのはどういう人なのか? こうした範疇分けは科学ではないことはわかったわけで言うのだが、印象的な判断も多分にあると思う。

標高もそれほどではなくアクセスも悪くない山なので、たとえば、高尾山、たとえば、高水三山、そうした取り立てて歩行時間も長くなく、普通に歩ける(クサリを握ったり、岩をよじ登ったりしない)山しか歩いたことのない、普通のハイキングしかしたことのないひとたちが、軽い気持ちで来ることに対する、警鐘的な意味合いも込められた「中級者向け」、「引き返す勇気が必要」がなのではないだろうか。

…って推測以外のなにものでもないのだが。

ぐだぐだ、閑文字をつらねるより、歩いてみればわかることだが。

|

« 人事ではないムンバイ同時多発テロ | トップページ | AとBの関係はCとDの関係と同じ »

山行計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/25950405

この記事へのトラックバック一覧です: 大山三峰山:

« 人事ではないムンバイ同時多発テロ | トップページ | AとBの関係はCとDの関係と同じ »