« 病院へ(『荒野へ』のぱくりね(^o^)) | トップページ | 行方不明の71歳男性 72時間ぶりに自力で下山 »

2008年12月 2日 (火)

山梨県内の山岳遭難者100人に達する 10年で最悪に迫る

山岳遭難100人に「10年で最悪」迫る多い準備不足(読売)

道に迷ったり、日没で動けなくなったりして、携帯電話で救助を求めるケースが増えたという。山岳別では、御坂山系11件(同8件増)、秩父山系19件(同6件増)など日帰りで登れる山での遭難が多かった。

 登山計画書の提出率は約12%にとどまり、行程を調べていない、地図を持参していないなど準備不足が目立った。

産経によると

今年の山岳遭難件数5割増に 山梨

山岳別では南アルプスが28件で最も多かったほか、秩父山系19件▽富士山と御坂山系各11件と続いた。原因別では転落・滑落23件▽道迷い22件▽疲労・発病19件▽転倒12件の順となった。

|

« 病院へ(『荒野へ』のぱくりね(^o^)) | トップページ | 行方不明の71歳男性 72時間ぶりに自力で下山 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/25829513

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨県内の山岳遭難者100人に達する 10年で最悪に迫る:

« 病院へ(『荒野へ』のぱくりね(^o^)) | トップページ | 行方不明の71歳男性 72時間ぶりに自力で下山 »