« 山行記:アルプス銀座(燕岳・槍ヶ岳) 写真によるダイジェスト版 | トップページ | 山行記:北アルプス表銀座(燕岳・槍ヶ岳) 2008年9月18~23日 2 »

2008年9月28日 (日)

山行記:北アルプス表銀座(燕岳・槍ヶ岳) 2008年9月18~23日 1

「今し方、滑落があったので気をつけて登ってください」

「え?!」筋肉がこわばるのが自分でもわかった。ぬれた岩場を下りてくる男性のその言葉で、「滑落」という抽象が自分にも降りかかりうる現実となった。

「女性の方が10mほど滑落して、いま救助が行われています」

あまり視界がきかない濃いガスのせいもあって、いっそう慎重に手元、足下のホールドを一つずつ確かめながら山頂を目指した。

1日目 2008年9月18日木曜

その4日前、9月18日に新宿を出たのは、槍ヶ岳登頂時に天気がよくなるようなタイミングを見計らってのことだった。当初16日ないし17日の出発を考えていたのだが、接近する台風13号の影響もあって18,19日は雨の確率が極めて高く、降水確率が低くなるのは20日以降だった。21日に入っていた仕事をキャンセルしてもらい、18日出発、23日帰宅の計画で行くことを最終的に決定して小雨の降る中18日の朝、家を出た。

前日予約した指定席券を駅の券売機で受け取る

予約の際の注意書きを印刷してきた(予約番号が必要なので)が、クレジットカードが必要なことに気づかなかった。長期の山行なので一応クレジットカードを持ってきていたので事なきを得たが、持ってきていなかったらどうなっていたろう。予約番号は持っていたから、窓口で指定席券を受け取ることはできたのではないかと思う。

登山計画書の提出を忘れたことに気づく

昨夜長野県警のサイトからダウンロードして入力した登山計画書をメールで提出するつもりでいたのだが、忘れたことに気づく。記入も終わり、電子メールで添付して送るだけだったのだが、計画の細部の確認、荷物の確認、チケットの予約などで、ついつい後回しになって忘れてしまった。

09:00新宿発あずさ9号に乗車

次の10時発の便は、昨日の時点でかなり席が埋まっていたが、この便はかなり空席があった。

松本、曇り。駅ビルで昼食。

改札を出て駅ビルMIDORIで昼食。コンビニで夕食を調達。改札に入ってしまうと小さなキオスクと駅弁屋しかない。

4階の「けやき」という和風料理屋。料金もお安く、ボリュームも満点。セルフサービスでコーヒーが1杯無料で飲める(4月までは、無料で何倍も飲めたらしい)。「松本丼」というのがあったのだが食べ損ねてしまった。

松本発の大糸線は2両編成。Suicaは使えないので注意(2008年9月19日現在)。

穂高駅、小雨。

25分ほどで穂高駅。乗り合いバスの発車まで1時間以上。

駅を出て正面にこの標識がある。右手に行くと中房行乗り合いバスのバス停がある。左手にはトイレ、さらに進むと、あずみ野パークホテル、600メートルほど先には24時間営業の西友もあるので、ここで食料などを調達することも可能。

乗り合いバスで有明荘へ。

乗客はぼくらの他は男性1人。

小1時間で有明荘に着く。

有明荘も閑散。後に若いカップルが1組来たのみ。

4畳半の部屋、素泊まり5500円、夕食付き8000円だが、2人で4畳半だと、テーブルをたたんだりしなければ布団を敷いたりできないので、8畳半の素泊まり6200円を予約しておいた。夕食には魚料理が出ることが多いようなので、魚が苦手な人はあらかじめ確認したほうがよいだろう。

有明荘は登山用品も充実。燕岳や大天井岳に行く程度なら手ぶらできてもここですべて揃いそう。露天風呂もすばらしい。

夕食は松本駅で購入した駅弁

フロントで登山者カードをもらい、記入。やっちゃんさんのブログで知った『岳』があったので読み始めるが、明日の出発に備え早めに就寝。

(つづく)

|

« 山行記:アルプス銀座(燕岳・槍ヶ岳) 写真によるダイジェスト版 | トップページ | 山行記:北アルプス表銀座(燕岳・槍ヶ岳) 2008年9月18~23日 2 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

eyeおおっ! ブログが進んでる・・。 早いじゃん。

 いきなり槍ヶ岳かよっ!!と思ったけど。雨天でも充実の表銀座
 だったね。快晴ならビックリ平や東鎌尾根は最高の眺めらしい。

 富士で北は商業化されすぎていると聞いたけれど、初心者には
 ありがたい親切さ。最初の小屋体験がアルプスじゃなくて本当に
 良かったと思う。(富士の対応も良かったけど、食事が・・・)

 今日山屋へ行って、いつもザックにつけている100均のカラビナ
 を万が一を考えて山用にしようかと思う。簡易なんちゃってハーネス
 でも安心感が違うかもね。

投稿: Yukiichigo | 2008年9月28日 (日) 21時16分

やっぱり、槍では誰か落ちてたか・・・ やっぱり怖い。
私が登った頃はとにかく金無し若さと体力だけ!の頃だったので、有明荘に泊まるなんて、夢のような話だった。
露天風呂、すっごいよさそうね!ぜひ泊まりに行きたいです!
とにかく、なんとか天気も持ったようで何よりです。
ダイジェスト版の写真も見事でした♪

投稿: ゼロ | 2008年9月29日 (月) 10時29分

ゼロさん

私達、基本は金無し貧乏登山組です・・。おまけに若さも体力もないので、
今回ははりこみました。高山を狙う夏の方が冬場の貧乏登山よりも回数が
減ってしまうのですね・・。

それにしても槍ヶ岳、「きゃ~!!!」という声を聞かなくて良かった。
それ聞いちゃってたらすごく怖かったと思います、あの天気で。

昔の方はあそこを鎖もはしごも無で登ったんですよね。至れり尽くせりです
いまは。

投稿: Yukiichigo | 2008年9月29日 (月) 13時14分

ゼロさん

有明山荘の露天風呂、よかったよ。
ゼロさんのところからなら車で3時間ぐらいなんじゃない?
素泊まりだったので食事のほうはわからないけれど、露天風呂も大浴場も家族風呂も朝まで好きなときに入れるし、周りを散策して歩くのもいいし。穂高駅のすぐそばに貸し自転車やもあるのでのんびり観光しながらサイクリングというのも余下げだったよ。

投稿: 雪山でミルクティ | 2008年9月30日 (火) 04時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/24099150

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:北アルプス表銀座(燕岳・槍ヶ岳) 2008年9月18~23日 1:

« 山行記:アルプス銀座(燕岳・槍ヶ岳) 写真によるダイジェスト版 | トップページ | 山行記:北アルプス表銀座(燕岳・槍ヶ岳) 2008年9月18~23日 2 »