« K2:9名死亡 | トップページ | K2:9名死亡について朝鮮日報が報じている »

2008年8月 4日 (月)

山行計画:仙丈ヶ岳の帰路オプション

往路よりも復路のほうが選択肢が少ない。

伊那市営バスの最終便が北沢峠を出発するのが16:00であることが最大のボトルネック。

Photo

(クリックすると大きくなります)

2人であれば、自家用車でもコスト的にはあまり変わらない。自由度が高くなる(一風呂浴びて替えることも可能)、荷物を担いで歩かずにすむといったメリットはあるが、下山後の疲れた体で4時間半、車を運転しなければならないのは、ちょっと・・・。

3人以上であれば、自家用車のほうが交通費は大幅に安くなるだろう。

|

« K2:9名死亡 | トップページ | K2:9名死亡について朝鮮日報が報じている »

山行アクセス情報」カテゴリの記事

コメント

 山に出かけるには 人それぞれスタイルが有るからね

私は去年までは車で出かけてたので 下山して車を運転することも

苦では無かったですね(でも帰りは睡魔との闘いでしたが)

芦安からなら 駐車場近くに 無料の休憩所が利用できるし

下山して 芦安あたりで温泉に浸かってのんびりしてから

帰っても良いし 電車だと 帰りのんびりビールでも 

飲みながら 帰ってくるという楽しみも

投稿: いっき | 2008年8月 4日 (月) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/22771700

この記事へのトラックバック一覧です: 山行計画:仙丈ヶ岳の帰路オプション:

« K2:9名死亡 | トップページ | K2:9名死亡について朝鮮日報が報じている »