« 山行記:仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳 2008年8月7-10日 (4) | トップページ | 山行記:仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳 2008年8月7-10日 (6) »

2008年8月16日 (土)

山行記:仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳 2008年8月7-10日 (5)

10:45、下山開始。南に行くと大仙丈ヶ岳を経由して北岳に行ける…たぶん12時間ぐらいで。

とりあえず今日のところは小仙丈ヶ岳経由で北沢峠に戻るので東に向かう。

さっきの雷鳥がここに! 早っ! まるでディズニーランドのミッキーみたいじゃん!

2羽の子供

それを見守るお母さん(お父さんかもしれないが)

黒く写っているのは虫。思いの外、はえや蜂など、虫が多かった。

藪沢新道からの仙丈ヶ岳はおおむね緩やかな登りなのだが、小仙丈ヶ岳は、ちょっと甲斐駒ヶ岳山頂に似た感じ。

仙丈ヶ岳山頂からはおおむね下りで小仙丈ヶ岳山頂の手前の岩場で30mほど登るだけなので楽な道だ。

しばらくは稜線を歩くのだが、五合目の大滝ノ頭に向かうにつれ木々に囲まれて景色も見えず、傾斜もきつい。この樹林帯側から登ってくるルートだと、仙丈ヶ岳山頂への登りも結構しんどいだろうとガイドブックに書いてあったが、下りではあるものの、実際に歩いてみて実感した。藪沢新道を登れば、傾斜もそれほどきつくなく、景色に変化があるので、楽しんで登っているうちに山頂に着く感じ。大滝ノ頭がわから登ってくるとしばらくは景色もなく、急坂が続くので、肉体的にも精神的にもちょっとつらいだろうと思われる。

これは三合目の標識だが、この先二合目のところで二股に分かれる。右手に行くと駒仙小屋への近道。

取り立てて撮影意欲をそそられるようなものもなく…。

…わけもなくキノコを撮ってみた。

しばらく行くと再び二股に分かれる。左に行くと長衛荘に行ってしまうので、右に進む。100メートルほど行くと、北岳みはらし台の道標がある。

北岳が見える!と、そそくさとそちらに行くと

まあ確かに見えているけど…。

30メートルほどで、広河原からのバスが通る南アルプス林道に出る。2時間半ほどで下山したことになる。

Senjogatakeplan

(クリックすると大きくなります)

赤が予定ルート。水色が実際のトラック。

Senjogatakesect

(クリックすると大きくなります)

断面を見るとわかるように、長衛荘から大平山荘まで標高にして100mほど下ってからまた登ることになる。

積雲。さらに発達して積乱雲になるとまずいのだが、幸いそこまでには至らなかった。

夕食はペンネを茹で、そのゆで汁を使ってスープを作る。アラビアータソースとゴルゴンゾーラクリームソースで2種類のパスタ。スープは緑野菜のポタージュと赤野菜のポタージュ。

夕食のあと、駒仙小屋の消灯が19時であることもあって、19時半ぐらいにはシュラフに潜り込む。

明日は甲斐駒ヶ岳だ。

(つづく)

|

« 山行記:仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳 2008年8月7-10日 (4) | トップページ | 山行記:仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳 2008年8月7-10日 (6) »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/23022475

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳 2008年8月7-10日 (5):

« 山行記:仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳 2008年8月7-10日 (4) | トップページ | 山行記:仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳 2008年8月7-10日 (6) »