« 山行情報:仙丈ヶ岳(インターネットから) | トップページ | 山行計画:富士山(須走口新五合目→剣ヶ峰→御殿場口新五合目) »

2008年7月17日 (木)

孤高の人、他

今更だが、

新田次郎の『孤高の人』、夢枕獏の『神々の山嶺』、井上靖の『氷壁』を買った(ブックオフで安かったのが最大の理由だがcoldsweats01)。

孤高の人 (上巻) (新潮文庫)

神々の山嶺(いただき)(上)

氷壁改版

以前の趣味、ジャズにしてもサルサにしても、死を身近に感じることはなかった。プレイヤーは麻薬中毒で死んだり、自殺したりする人間はたくさんいたが、聞いている人間としては、死を身近に感じることはなかった。

山は、今までやってきた趣味と違う。

まあ、ちゃんと統計を検討すれば、山で死ぬ確率は自動車事故で死ぬ確率よりも低かったりするのかもしれないが、今までの趣味とはちょっと違って、結構リスクの大きい趣味だという意識が常に脳裏のどこかにある。

伊達直人=タイガーマスクが、「ケン、俺は用心深さでここまで生き延びてきた男だ」といって、ケンの祝勝会を中止してしまうシーンがあって(子供の頃の記憶なので間違っているかもしれないが)、それが記憶に残っているような生き方をしてきた人間だから、用心しすぎにすぎないのだろうが・・・。

加えて、夕方の居酒屋でひとり酒を飲んでるおっさんを見ると、「会社の同僚とのつきあいもなく、家族にも阻害されていて、かわいそうなおっさんだ」と、すぐ昼メロ思考に走ってしまうぼくだから(おっさんは、実際は、会社からも解放され、家族からも解放され、ひとりの時間を満喫しているのかもしれないのに)、主人公が死ぬ本を手にして感傷的になっているだけの可能性、大なのだがcoldsweats01 (アルコールも入ってるしcoldsweats01)。

|

« 山行情報:仙丈ヶ岳(インターネットから) | トップページ | 山行計画:富士山(須走口新五合目→剣ヶ峰→御殿場口新五合目) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

新田次郎の「孤高の人」は私も何度も読みました
加藤文太郎に憧れてひとりで山に行くようになりました

加藤文太郎の足跡を探しながら槍ヶ岳北鎌尾根も行きましたが
国宝的登山家と言われた加藤文太郎の偉大さを思い知らされました

新田次郎のお気に入りは「点の記」こちらもとてもいい小説です
確か近々映画になるらしいですが、こちらも楽しみです

投稿: YAMACHAN | 2008年7月17日 (木) 22時33分

いやあ、この前の乾徳山の絶壁は「死」を感じましたよ・・・
まじで、あの吸い込まれる感じ・・・
高層ビルの展望台で感じる安全な恐怖とは全く違う、本物の恐怖。
本気で足がすくみましたから。(^_^);

カニドンが、カメラケースを崖から落としじゃないですか、カランコロンって・・・、ストップモーションで脳裏に鮮明に残っています。
ああ、谷底に落ちていく・・・って。

でも、自分じゃ絶対に行かない場所に連れて行ってもらえて、懲りたはずなのに・・・また行きたいと思っている自分がいたりして。(^_^);

人間って、怖いものとか刺激とか本能的に探し求めているんでしょうか・・・。
それを乗り越えて成長していくみたいな・・・

よくわかんないですけど、山は怖いけど。大変だけど。いいですよね。
また、連れて行ってくださーい。って。(^_^);

投稿: かさやん | 2008年7月18日 (金) 00時59分

YAMACHANさん

加藤文太郎さんてそんなにすごいんですか。
"Into Thin Air"もまだ終わってないのですが、終わったら『孤高の人』をしっかり腰を据えて読もうと思います。「点の記」も探してみます。映画になったらぜひ見てみたい!

投稿: 雪山でミルクティ | 2008年7月18日 (金) 04時21分

かさやん

あれはかなり怖かったよね。落ちたのはカメラケースなんだけれど、何となく、あれが自分だったら?追いかけていってそのまま落ちたら?とかいろいろ想像しちゃうんだよね。

富士山とか仙丈ヶ岳はそういった危険はなさそうだよcoldsweats01

いよいよ学校も夏休みに入ったらしいから、これから山も混んでくるんだろうなぁ。

投稿: 雪山でミルクティ | 2008年7月18日 (金) 04時26分

孤高の人 私も見ましたよ 加藤文太郎のように 私も単独に憧れ 同じように慎重さも持つようになりました。
最後文太郎がなぜ充分下見をせず冬の北鎌尾根に行かれたのか 不思議でなりません。

「点の記」も読みましたが ↑にも有るように 映画化されるようですね こないだ 落石事故があり 怪我をされた人が居たとか 知り合いが調度ロケ現場に居合わせて 写真も見せてもらいました。点の記も面白いです 是非読んでみて下さいね。

投稿: いっき | 2008年7月18日 (金) 06時33分

いっきさん

いっそう『孤高の人』を読むのが楽しみになりました。『点の記』もおもしろそうですね。機会を見つけて手に入れておこうと思います(読めるのはいつになるかちょっとわからないですがcoldsweats01)。

投稿: 雪山でミルクティ | 2008年7月20日 (日) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/22365830

この記事へのトラックバック一覧です: 孤高の人、他:

« 山行情報:仙丈ヶ岳(インターネットから) | トップページ | 山行計画:富士山(須走口新五合目→剣ヶ峰→御殿場口新五合目) »