« 登山技術全書 1:登山入門 | トップページ | Into Thin Air »

2008年6月23日 (月)

山行ツール:テント

仙丈ヶ岳について調べていて、テント泊を体験するなら北沢峠がおすすめとガイドブックに書いてあるのを見て、テントを購入しちゃうのもいいかもと思い始めた。

北沢峠がおすすめの理由は、バス停から10分ほどのところにある北沢長衛小屋前にテントサイトがあること。思いザックを背負って歩く距離が短いし、水場もトイレもある。70張ぐらい張れるらしい。

ということで、にわかにテントを調べてみた。ネットで調べた感じでは、次の3つが定番のようだ。

ダンロップのプロモンテ

プロモンテ(ダンロップ)・VL-22 プロモンテ(ダンロップ)・VL-22

販売元:さかいや・オンラインショップ
楽天市場で詳細を確認する

モンベルのマイティドーム

【送料無料】mont-bell(モンベル) マイティドーム 1型 【送料無料】mont-bell(モンベル) マイティドーム 1型

販売元:楽山荘
楽天市場で詳細を確認する

アライのエアライズ

合計5000円以上全国送料無料!Ripen エアライズ1 スカンジウム仕様/GN(マルチシートプレゼント)【開催960605】 合計5000円以上全国送料無料!Ripen エアライズ1 スカンジウム仕様/GN(マルチシートプレゼント)【開催960605】

販売元:山渓オンラインショップ楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

重量は1.5kg前後というところのようだ。水場が近くにあって、水を担いで行かなくてもいいなら、いまのザックの重量とたいした変わらないことになる・・・もっとも、テント泊なら、さらにシュラフもいるわけだが。

|

« 登山技術全書 1:登山入門 | トップページ | Into Thin Air »

山行ツール」カテゴリの記事

コメント

ダンロップのVシリーズ、今のフライの色は黄色なんですね
私も20年ぐらい前のものですが、Vシリーズの2人用を使ってます
今のと違って5キロぐらいあって重たいですが、居住空間としては最高です

テントはやっぱりどれだけ軽くて丈夫かに尽きると思います
そしてできればゴアのもの
ポールはテント本体からフックで引っ掛けられるもののほうが
設営、撤収とも合理的なような気がします

私も新しいゴアのテントがほしいです

投稿: YAMACHAN | 2008年6月25日 (水) 21時49分

5kgはきつそうですね。
背負う総重量は25kgですか?
2~3人用でも、ペグなんかも含めて1.7kgぐらいになるらしいので、最新の素材ってすごいですよね。

Vシリーズは、オレンジのようです。
http://item.rakuten.co.jp/yoshikip2/c/0000000729/
黄色はVLシリーズですね。

投稿: 雪山でミルクティ | 2008年6月25日 (水) 22時09分

テントでの山登りも良く行ってせいぜい2泊程度なんで
重量は重くても15キロぐらいでしょうか
季節にもよりますが、冬山になると外張りも持っていくんで
20キロぐらいにはなるかも・・・
20キロ超えると山を楽しむ余裕がなくなりますねbearing

ダンロップのテントは個人的に好きです
なんといっても空間にゆとりがあると思います

投稿: YAMACHAN | 2008年6月26日 (木) 22時50分

2泊で15キロなんですか? 15キロならぼくでも可能性ありですって気がします。
20kgとか25kg背負って歩くなんて・・・ちょっと、少なくとも今は考えられないですよ。

今日、エルブレスにいって、プロモンテLV22を見てみました。結構広いと、ぼくは、思いました。(寝相の悪い人と寝るとまた話は違ってくるのかもしれませんがhappy01

投稿: 雪山でミルクティ | 2008年6月26日 (木) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/21827481

この記事へのトラックバック一覧です: 山行ツール:テント:

« 登山技術全書 1:登山入門 | トップページ | Into Thin Air »