« 山行記:高川山 2008年2月10日(日) | トップページ | 山行ツール:Optio W60 »

2008年6月19日 (木)

山本(やまほん):空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか

やっちゃんさんのミクシィの日記で見たマロリーの写真が頭に残っていたので、今日久しぶりに紀伊国屋に出たときに、この本が目に飛び込んできた。

そして謎は残った―伝説の登山家マロリー発見記 そして謎は残った―伝説の登山家マロリー発見記

著者:ヨッヘン ヘムレブ,エリック・R. サイモンスン,ラリー・A. ジョンソン
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

山と渓谷社 マロリーは二度死んだ 538110 ラインホルト・メスナー 山と渓谷社 マロリーは二度死んだ 538110 ラインホルト・メスナー

販売元:好日山荘Webショップ
楽天市場で詳細を確認する

せっかくなら原書のほうがいいかも、ひょっとすると原書の方が安いかもしれないし・・・と思って(けちっ!)、その場では購入せずに帰宅。

アマゾンをぶらぶらしていると、

Into Thin Air: A Personal Account of the Mount Everest Disaster Into Thin Air: A Personal Account of the Mount Everest Disaster

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

MarketPlaceの商品だと16円。思わずぽちっと購入(送料340円なんですけどね)。

こっちは全然マロリーとは関係ないのだけれど、25人のレビューがついていて、しかも★4つ。

邦訳のほうはリンクが張れないのだが

空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか (文春文庫) (文庫)

ちなみにこれを訳されている、海津 正彦さん、「そして謎は残った―伝説の登山家マロリー発見記」の訳者です。ご自身も登山家らしい。

|

« 山行記:高川山 2008年2月10日(日) | トップページ | 山行ツール:Optio W60 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

マロリーはやっぱりエベレスト頂を踏んだと思います
なんとなくですけど

投稿: YAMACHAN | 2008年6月20日 (金) 22時32分

山頂を踏めていてほしいっていう気持ちはありますよね。
でも突っ伏したあの写真を見ると、「くそ~、もう少しなのに…」って言う無念の気持ちが出ているようにも見えてしまいます。

投稿: 雪山でミルクティ | 2008年6月21日 (土) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/21748096

この記事へのトラックバック一覧です: 山本(やまほん):空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか :

« 山行記:高川山 2008年2月10日(日) | トップページ | 山行ツール:Optio W60 »