« 山行ツール:テント | トップページ | 夏山登山のためのトレーニングマニュアル »

2008年6月23日 (月)

Into Thin Air

1996年5月10日、昼下がり、エベレスト山頂に到達したジョン・クラカワーは57時間寝ておらず、脳も変質するような酸欠からふらふらだった。振り返り、29,028フィート(エアバス旅客機のほぼ巡航飛行高度)の山頂から危険な下山を始めようとすると、20人の登山者がまだ必死に山頂を目指していた。雲が巻き上がり始めたのにも気づかずに・・・。

届いちゃったよ。本の裏に書いてあるこの宣伝文句だけで、ぞくぞくしてしまった。

Into Thin Air: A Personal Account of the Mount Everest Disaster

|

« 山行ツール:テント | トップページ | 夏山登山のためのトレーニングマニュアル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/21843979

この記事へのトラックバック一覧です: Into Thin Air:

« 山行ツール:テント | トップページ | 夏山登山のためのトレーニングマニュアル »