« 山行記:川苔山(獅子口小屋跡) 2008年6月7日(土) | トップページ | 2008年の梅雨入り・梅雨明け »

2008年6月10日 (火)

山行記:川苔山(獅子口小屋跡) 2008年6月7日(土) トラックデータ

Kawanorishishiguchisectact

断面でもこれだけ精度が出ていたら文句はない。山頂から次第にずれてきているが、まあ許せる範囲だと思う。

いったいこの差は何に起因するのだろう? 倉岳山の時と比べて、倉岳山のほうが天候激変による気圧の顕著な変化があったように、データを見る限りは思えない。

Kawanorishishiguchiplanact

赤が予定ルート。水色が実際のトラック。びっくりするぐらい軌を一にしている。

最初に使ったときに偉く感動した山の道具といえば、良い靴、クッカー、GPSなので、GPSには本当に感謝しているのだけれど、この高度データのばらつきにはがっかりだ。

文句はさておき、これを見ても鋸尾根の鋸度がよくわかる。

ちなみに、大岳山の鋸山の断面は

Oodakesansect

|

« 山行記:川苔山(獅子口小屋跡) 2008年6月7日(土) | トップページ | 2008年の梅雨入り・梅雨明け »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/21533205

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:川苔山(獅子口小屋跡) 2008年6月7日(土) トラックデータ:

« 山行記:川苔山(獅子口小屋跡) 2008年6月7日(土) | トップページ | 2008年の梅雨入り・梅雨明け »