« 山行ツール:トランシーバー TOTALWIN 20 T-150R | トップページ | 山行ツール:週間天気予報 »

2008年5月13日 (火)

山行記:大岳山の反省

備忘録だが、先日の山行での反省点は、着替えが必要だということ。

ポリ100%の速乾何とかというやつを着ていたのだが、乾ききらず、電車の中で体温が奪われてしまい、ちょっと悪寒のようなものを感じて気持ちが悪くなった。風邪をひいたな、と思ったが、翌日は何ともなかった。とはいえ、今回は何ともなかったものの、次回もそううまくいくとは限らない。

素っ裸になって着替える(上だけね、念のためwink)わけにはいかないかもしれないが、下山したら汗を拭き取って着替えるようにしないとまずいと思った。

暖かいからといって、薄手のシャツだけあればいいというわけではないんだ…というのが、今回学習した点。

|

« 山行ツール:トランシーバー TOTALWIN 20 T-150R | トップページ | 山行ツール:週間天気予報 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

これからの季節山から下りてきて、電車なんかで帰っているときに
汗がひいて風邪ひいてしまいそうになることってよくあると思います

ぬれたタオルでカラダ吹いて着替えるだけでも、体がサラサラして
不快な気持をしないで帰ってこれるじゃないかと思います

なかなか下山するとそんなことができる場所がないっていうのも現実ですが・・・

投稿: YAMACHAN | 2008年5月13日 (火) 22時46分

やっぱりそうですか。
こういうのも実際に経験してみないと分からないことですよね。
もっといろいろと経験しなければ。

大岳山のときは、奥多摩駅から帰ってきたのですが、自転車(ロードレースのような自転車)を折りたたんで電車で移動する人たちもたくさんいたのですが、彼らの中には、その場で上半身裸になって汗を拭いて着替えている人もいましたね。

投稿: 雪山でミルクティ | 2008年5月13日 (火) 22時55分

sad実際、下山したらすぐに交通機関に乗りこむパターンなので、身づくろいしてる時間はほとんどない。

だから、かさばるけど、1枚余計に必ずフリースなり、セーターなりをザックに常備してるよ。

この間は豆、薄着すぎた上に、羽織るものはレインウェアしか持ってなかったもんね。

いまのところ、大汗かきの私でも行動中は超薄着、停止してるときは厚手のものをひっぱりだして羽織るようにしていて、問題なし。

シャツは定番みたいだけど、濡れると感触もいまいちだから、ライトフリースなどを試してみたらいかが?

帰りの電車でチキン肌になってるのが気にかかりましたから。

投稿: yukiichigo | 2008年5月14日 (水) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/20936489

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:大岳山の反省:

« 山行ツール:トランシーバー TOTALWIN 20 T-150R | トップページ | 山行ツール:週間天気予報 »