« 山行記:御岳山・大岳山2008年5月6日(火・祝) 1 | トップページ | 山行記:御岳山・大岳山2008年5月6日(火・祝) 3(終) »

2008年5月 8日 (木)

山行記:御岳山・大岳山2008年5月6日(火・祝) 2

そういえば部長が天狗の腰掛杉で写真を撮っていた!

ここを右に行けばよかったわけだ。

おかしいな、綾広の滝が見えるはずなんだけどなぁとは思っていたが…やはりコースを間違っていたか。

まあそのおかげで、こんなきれいな景色も見られたわけだし。このコースのほうが、200メートルほど高度が高い(地図の等高線で見る限り)からこそ見られたわけで…。

注意書きの看板、結構山ごとに特徴があったりする。山火事注意なんていうのは一番多いような感じがするが、熊に注意とかも多い。ここは「滑落注意」。

先をのぞき込んで、部長がまたニヤリ。ってことは…

そんなところでダブルピースの万歳をしなくていいってば!

大岳山荘。1160m。ガイドブック(関東の山ベスト100改訂2版)によれば通年営業されているはずなのだが、人気があるようには見えなかった。先を急いでいたので(というか、空腹で余裕がなかった。「ここでお昼にする?」と尋ねると、「山頂に行ってから!」と部長)、一息ついてすぐに残りの標高100mほどを登りにかかる。

去年後半から山登りを始めて、初めて「登攀」(大げさ?)する。

部長はルンルン♪です。速い速い。

ぼくは…何とかついて行っています。

山頂到着。標高差100mの岩場を20分で登り切っちゃった。岩やクサリになると俄然元気になるらしい。

いつも中ここでまず写真を撮りまくるところだが、空腹信号が強力でそのほかのことを考える余地なし。

山頂、南側だけ展望が開けている。高川山の山頂ほど狭くないが、扇山ほど広くもない。それでも結構な数の人たちがレジャーシートを広げてお昼にしていた。

今日はスープパスタとおにぎり。グレープゼリーのデザートとビスコ。柿の種もあったが、ビールがなくちゃあ…柿の種だけあってもなぁ。

この小鳥、えらく人なつっこくて人の手からピーナツを食べていた。

腹ごしらえもしたので、第2のミッションである(って、第1のミッションのことはすっかり忘れてしまっていた)山座同定(新たに覚えた言葉。部長は自分の知らない山用語をぼくが使っているのが悔しかった模様(笑))をしようと、カシミール3Dで作ったパノラマ図を取り出して、風景と見比べてみる。

風景とパノラマ図を見比べることしばし。

…わからん…。

人なつこいこの鳥(高川山の犬…なんて名前だっけ、ど忘れ…のように名前がついているのかもしれない)の写真を撮って下山開始。

(続く)

360_3

|

« 山行記:御岳山・大岳山2008年5月6日(火・祝) 1 | トップページ | 山行記:御岳山・大岳山2008年5月6日(火・祝) 3(終) »

山行記」カテゴリの記事

コメント

御岳山(みたけさん?おんたけさん?)
大岳山(???)
なんていう名前の山なんですか?

それにしても変化のあるコース見たいで
面白そうな山ですね!

投稿: | 2008年5月 9日 (金) 23時16分

すみませんでした
名前書くの忘れてましたcoldsweats01

投稿: YAMACHANN | 2008年5月 9日 (金) 23時18分

御岳山(みたけさん)、大岳山(おおだけさん)です。
なんて読むんだろうという地名が結構ありますよね。
同じ名前の所もあるし。
今回のコースを調べていたときに、えっ!鍋割山って丹沢じゃなかった?っておもったら、名前は同じでも別な山でした。

大岳山は変化に富んでいて楽しいですよ。コースもいろいろとれるのでいろんな楽しみ方があるようです。

投稿: 雪山でミルクティ | 2008年5月10日 (土) 13時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/20845597

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:御岳山・大岳山2008年5月6日(火・祝) 2:

« 山行記:御岳山・大岳山2008年5月6日(火・祝) 1 | トップページ | 山行記:御岳山・大岳山2008年5月6日(火・祝) 3(終) »