« 山行予定:御岳山・大岳山:日程 | トップページ | 山行記:御岳山・大岳山2008年5月6日(火・祝) 2 »

2008年5月 8日 (木)

山行記:御岳山・大岳山2008年5月6日(火・祝) 1

日程

予定

実際

別路

07:07新宿発:JR中央線(快速)【高尾】

07:50 立川発:JR青梅線(普通)【青梅】

08:26 青梅:むさしの奥多摩号【奥多摩】

08:44 御岳着

07:07新宿発

07:52立川発

08:26 青梅発

08:44 御岳着

07:44

新宿発:ホリデー快速おくたま1号【奥多摩】

09:01 御嶽着

別路

08:19ホリデー快速おくたま3号【奥多摩】

09:36 御嶽着

別路

09:04バス:御嶽駅→ケーブル下

08:54バス:御嶽駅発

09:02ケーブル下着

09:40

バス:御嶽駅→ケーブル下

09:50 ケーブル下着

10:00

ケーブルカー:滝本駅

10:06 御岳山駅着、身支度、準備体操

09:10 滝本駅発

09:07 御岳山駅着

別路

10:21 ケーブルカー:滝本駅

10:27 御岳山駅着、身支度、準備体操

10:30

御岳山駅発

09:35 御嶽山駅発

10:50

御岳神社着

12:50

大岳山着、お昼

11:45 大岳山

14:00

大岳山発

13:50 大岳山発

15:30

鋸山着

14:55 鋸山

17:30

奥多摩駅着

16:50

別路

16:23 ホリデー快速おくたま4号【新宿】

17:49 新宿着

別路

16:52 ホリデー快速おくたま6号【新宿】

18:22 新宿着

別路

17:15 むさしの奥多摩号

18:35 立川発:JR中央線(特快)

19:01 新宿着

17:40

奥多摩発:JR青梅線(普通)【青梅】

18:19 青梅発:JR青梅線(普通)【立川】

18:52 立川発:JR中央線(快速)【東京】

19:28 新宿着

17:40 奥多摩発

別路

18:06 奥多摩発:JR青梅線(普通)【青梅】

18:46 青梅発:JR青梅線(快速)【東京】

19:21 立川発:JR中央線(快速)【東京】

19:47 新宿着

山行記

今回のハイライト

  • すがすがしい新緑の山歩き
  • 大岳山荘から大岳山山頂までの岩場の登攀
  • まだあるの?っていうくらいのアップダウンが繰り返される鋸山

5月4日に行くつもりだったのが、前日の天気予報が芳しくないので5日に延期。5日も怪しいとなり、連休最後の6日にかけた。晴れマーク。気温も20度を超えるということで、期待して奥多摩へ。

日程表で分かるとおり、御岳山までケーブルカーであがろうとすると、交通機関の接続が微妙によくない。乗り換えのないホリデー快速で行くと、御岳山駅につくのは10時を過ぎてしまう。大岳山に登って、奥多摩駅に出るコースはガイドブックによれば5時間半前後かかる。山頂でお昼を1時間とっても17時ぐらいには下山できる計算だが、できればもう少し早めに下山できる予定にしたい。

ということで、ホリデー快速をあきらめて、乗り継いで御嶽駅に向かうことにした。

いつものJR新宿駅の中央線ホームに7時。単独のハイカーは散見されたが、団体の姿は見られなかった。時間が早いと言うことか、ホリデー快速利用を考えている人たちが多いと言うことか。

青梅駅でむさしの奥多摩号に乗り換える。この電車、先頭車両だけのようだが、いすがすべて進行方向左側を向いている。左側のシートにはテーブルまで着いている(写真を撮りたかったのだが、人が多かったので結局撮らずじまい)。高水三山の時(2008年3月29日)にもこの路線を利用したのだが、そのときは気づかなかったなあ。

さすがにこの電車の中はハイカー姿の人が多い。

御嶽駅で下車。バス停に向かう。ケーブル下(ちなみに、ケーブル下に到着のことを「ケーブル下着(したちゃく)と書くと、「下着(したぎ)」になってしまうのが、どうにも気になる)に行く通常の路線バスは30分に1本程度しかない。今日は、陣馬山の時(2008年4月29日)同様、臨時バスが出ていた。西東京バス・多摩バスのサイトには臨時バスの情報は出ていないので電話で確認するしかないだろう。

「次は何時に出ますか?」と尋ねると、「一杯になったら出ます」。

いいなぁ、こういうの。一杯にならなかったら永久に出ないのだろうか、と思うぼくはひねくれ者か。

で、8分ほどで、ケーブル下着(「したちゃく」です。「したぎ」ではありません)。ケーブルカーの滝本駅へと向かう。

片道切符を買う。なんかいいなぁ、片道切符って。ここにはもう戻ってこないぜ。さすらいの旅だ。…みたいな(笑)。

そんなロマンに浸るのもつかの間、いきなり観光地の雰囲気です。

すっかり箱根です。

天井に張り付いていました。そういえば高尾山にもムササビの像があった。この一体の名物?(ちょっと単語の選択が違うような…)

駅にはトイレもある。身支度をして、軽く準備体操。

今回のミッションの1つであるGPSの高度計チェックのため、ここで高度を校正した。今回高度計を3つもっていった(持ちすぎ?):1)ガーミンのeTrex Vista HCx、2)エンペックスのField Syscom II、3)カシオのProtrek PRW 1000J。いずれも自宅で40mにあらかじめ校正済み。この時点で

Vista

: 790

Protrek 790

F. Syscom 810

カシミール3Dであらかじめ拾っておいたここの高度は835mなので、3つともそれに校正した。9:20。

9:35、スタート。3つの高度計を交互にみていると、Vistaの高度計データが早くも怪しい。09:40。805m。GPSの受信データによる高度は842m。再度校正して842mにあわせた。

温泉にでもつかって、浴衣でふらふら散歩するには最高の雰囲気。季節もちょうどいいし、そういう過ごし方もありかな。

「チュピ、ツピィッ、ツピィッ」がどうして「土くって虫食ってしぶーい」に聞こえるんだろう? 「鳥っておもしろい」というよりも、解説のほうがおもしろい。

「ハイキングコースだね」と言っていた部長、ニヤリ。

クサリと聞くとアドレナリンの分泌量が増すようです。その道の人なのか?

鍋割り経由では遠回りになるので、鍋割りを巻いていくコースを予定しているのだが…。左手にわずかな踏み跡があるが、左を指す道標はない。GPSでは左なのでGPSを信じる。

程なくしっかりした道なる。あ、ちなみにこの日、地図を持ってくるのを忘れている。昭文社の山と高原地図を持ってくるつもりだったのだが。

黄緑の線が予定コース。で、実際に歩いたのは、この白いライン…

確かに巻いてはいるが…。GPS見てたのか?!

山と高原地図でみてみると

緑のライン沿いに歩いたということなのだろう。それにしてもなぁ。

天狗の腰掛杉の手前で左に入るべきだったんだ、この地図によれば。そんな分岐あったっけ?

(続く)

|

« 山行予定:御岳山・大岳山:日程 | トップページ | 山行記:御岳山・大岳山2008年5月6日(火・祝) 2 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/20832841

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:御岳山・大岳山2008年5月6日(火・祝) 1:

« 山行予定:御岳山・大岳山:日程 | トップページ | 山行記:御岳山・大岳山2008年5月6日(火・祝) 2 »