« 山行ツール:DG-0602 | トップページ | 部長、せっつく »

2008年4月30日 (水)

山行記:陣馬山2008年4月29日(火・祝)

前回の明神ヶ岳で部長の膝痛が発生したので無理せずに、靴慣らしすることを目的に陣馬山に行くことにした(Yukiichigoちゃんの日記)。ここなら、膝の痛みが再発した場合のエスケープルートもたくさんあるし、調子がよければ景信山や、(無理だろうけれど)高尾山まで足を伸ばすことができる。

当初考えていたのは、藤野から歩くコースだったが、前回の明神ヶ岳で、そこの硬い靴で舗装道路を歩くのはしんどいことがわかったので、できるだけ市街地を歩くのは短くしたいと考え、藤野駅からバスに乗って和田まで行き、そこから歩くことを次に考えた。

どうせバスに乗るなら、高尾で電車を乗り換えて藤野に行き、そこからさらにバスに乗り換えるよりも、高尾から直接バスに乗り換えた方が楽だ。

ということで、高尾からバスで陣馬高原下まで行き、そこから山頂を目指すことにした。

高尾からのバス乗り場はすごい人の数。

ゴールデンウィークだからか、高尾からのバスが増便されていた(西東京バスグループのサイトには一切情報が出ていない)。08:50発の路線バスに乗るつもりだったのだが、新宿を予定より早く出たので、臨時の急行バスに乗ることができた。8:30の急行は見送って、8:43の急行で座っていくことにした。通常であれば陣馬高原下まで40分だが急行は30分。

終点陣馬高原下で下車。ここにはトイレもある。

前回に続いてぼくがとろとろしていたので、一緒のバスで来た人たちはとっくに先に行ってしまい、行列のようにならずにゆったり歩くことができた。

左手に沢を見ながらバス停から舗装路を歩くこと20分。左の山道に入る。

登るうちに、先発の人たちにどんどん追いついていき、追い抜いていった。さすが部長。速い。バイクでトレーニングした成果か、ぼくも息は上がったものの、休むことなくぴったり部長について行けた。

桜の咲く平地で一息ついたものの、それ以外は休むことなく山頂まで一気に登り切った。

新雪の山もいいが、新緑の山も気持ちがいい。紅葉の山もきれいだった。経験していないのは夏山。

「陣馬山ハイキング」というイベントの日だったらしく、小学生低学年ぐらいの子どもとその両親の多いこと多いこと。

山頂まで1時間10分ほど。ガイドブックでは1時間半程度なので、まずまずのペース。

有名な白馬の像(キリンかと思った)。意外に小さかった。

向かって右手に見えている茶屋のさらに右手の方で小学生とその親御さんたち(100名はいたんじゃないだろうか)がなにやらレクレーションゲームのようなことに興じていた。ごらんの通り、もやっていて景色はよく見えなかった。

友人に誕生日プレゼントとしてもらった、フラスクを早速試す。

山頂でハードリカーというのも何なので、今回は穏便に赤ワインとした。

12時当たりから曇り出す。風も多少強くなる。とたんに寒くなる。着るものはもってきていないので、雨具を羽織る。この雨具のおかげで、乗鞍岳の寒さもしのげたのだった。

登りで膝の調子もよかったし、時間にも余裕はあったのだが、無理をせず、予定通り明王峠経由で相模湖駅に下山するコースを取ることにする。

鳥の声

テーピングのおかげか、部長の膝も快調で。部長、喜びのポーズ。

(これはいったい何の意味があるのだろう…)

明王峠の茶屋では、山菜の天ぷらを揚げていた。部長が食べたがったが、ぼくは漂ってきた油のにおいだけでちょっと気持ち悪くなった(普段は油っぽいもの大好きなのだが)ので、却下。

すぐ後ろから親子の一個中隊が降りてきたので、この後ろにつくことになったらたまらないと、そそくさと出発。

石投げ地蔵

一番てっぺんに載せた小石を指さす部長。

…なんだかよく分からない文章だな…

正面に見えている道を下ってきたところ。振り返って撮った写真。

向かって右側の舗装道路は美女谷温泉へと続く。

部長の膝は依然快調。こんなポーズまで出てしまうほど。

が、好事魔多し。

膝の痛みが再発。テープを貼り直し、

無事下山。

与瀬神社

実はここの境内から降りる石段が、今回の行程中一番きつかったりする。

乗り換えなしで新宿まで行ける16:03に間に合う時間だが、せっかくなので、相模湖を散策することにした。

レトロな雰囲気。「やまなみ祭」というイベントが湖畔で行われていたはずだが、にぎわっていたことを想わせる様子はなかった。この周囲にはキャンプ場がたくさんあるらしい。

「しあわせ募金箱」…ひよこ? アヒル?

謎の建造物。バス停らしくもあるが、時刻表やバスの標識もない。トイレを作りかけて、入口だけで建築中止になった?

17:06のホリデー快速河口湖2号で帰途につく。満席。立川で下車する人が多く、さいわいそこで座ることができた。これからはどんどんこんな感じで人が増えていくんだろうなぁ。

|

« 山行ツール:DG-0602 | トップページ | 部長、せっつく »

山行記」カテゴリの記事

コメント

一号と二号も5年くらい前に
陣馬から高尾まで歩きました。
だらだらと長い尾根をひたすら歩き続けたような記憶が・・・

しかし、部長と参謀はどんどん進化している・・・(^_^);

ちょっと幽霊部員の軟弱体力だついていけなくなりつつあるような・・・

投稿: 部員一号 | 2008年5月 2日 (金) 14時16分

やっぱりね。

だって、アイゼン持っているなんてただ者じゃないもん。

全然「どんどん進化」してません。都会で、運動もせずのほほんと生きて来た人間が、やっと自然の中でも動ける程度、人並みの体力がついてきたぐらいです。

丹沢ではご迷惑をかけましたが、今ならやっと何とかみんなについて行ける程度になったっていうところです。

投稿: 雪山でミルクティ | 2008年5月 2日 (金) 22時27分

happy01そうそう。アイゼン持ってるって聞いた時、怪しいと思ったのよね。アイゼン履いてマラソンはないだろう・・って。他にも隠しエピソードが
あるんじゃないの!? 吐けっ! すべて吐けぇぇぇ!

昔はワンゲル所属だった・・とか、山小屋でバイトしてたとか・・。実は副業はボッカだとか・・。

今思うと丹沢で楽しく登れたのもお二人の経験があったからだね。まったく何の経験もない友達さそってたらバスのある時間に下山できなかったかもしれない。

ともあれ、自然を楽しんでくれる仲間がいるのはしあわせだわ。

豆がなにやら 「?」「!」 的なメールを送ったようですが・・真夏は恐らくベストシーズンで大混乱だと思います。低山は血食い虫どもの餌食になるだろうし、蛭のシーズンに蛭が岳・・怖すぎる・・。

投稿: yukiichigo | 2008年5月 2日 (金) 22時54分

もう全部吐きました・・・(^_^);
もう隠しだてするようなことは何もごじゃいません。m(_ _)m

しっかし、丹沢ほんとうに楽しかったなあ・・・。
1号2号はだいたい山登ると途中で喧嘩になって会話がなくなるので、あんなに楽しい山歩きははじめてでした!!
おかげで、二人だけの登山はもういいかも・・・なんて (^_^);

投稿: 一号 | 2008年5月 4日 (日) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/20674778

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:陣馬山2008年4月29日(火・祝):

« 山行ツール:DG-0602 | トップページ | 部長、せっつく »