« 山行記:滝子山2008年3月1日(土)3 | トップページ | 日本三奇橋 猿橋 »

2008年3月22日 (土)

山行記:滝子山2008年3月1日(土)4

12:18。やっと大鹿峠分岐。予定が12:00だったので、思っていたほど遅れていなかったということか。しかし予定よりも10分早くスタートしているから、ガイドブックのペースからすると30分ほど遅いということになる。


曲ッ沢峠分岐を過ぎたあたりなめ滝も非常にきれいで、ゆっくりしたいのは山々だが先を急ぐ。

枯れ葉の下が氷なのでアイゼンを外せないのだが、アイゼンに枯れ葉が詰まってしまい、まるで「ミルフィーユ」状態。

散弾。

そう言えば登山口に看板が・・・。今後服装は極彩色にしようと思った(一瞬だけどね)。少なくとも熊の着ぐるみを着ての山行は慎もうと思う。

焼きたての厚切りトーストのように、表面はカリカリなんだけれど、中は柔らかかったりするので、時折ズボッ!と抜け落ちる。

足をくじきかねないので、なにげにこれは危険だ。町中ではさほど気にかけないことだが、山の中だと、いま足をくじいたら帰れなくなるかもしれない…と、いろいろなことが気になりだす。けがをしない範囲でこうしたことを早い段階から学んでおくのは後々のけがや事故の防止につながる(経験から学べばのはなしだけれど)。

やっとゲレンデ・・・じゃなく、防火帯に到着。13:50。ここに来るまでにすでにぼくはもう限界に達していて、「あそこまでいったらキャラメルを食わせてやる」、「あそこまでいったらクッキー」とえさで自分を釣りながらかろうじて前進してきた。部長が先をどんどん行っていてくれなかったら、あそこでうずくまって動かなくなっていたかもしれない。やはり部長だけのことはある。ぼくがリーダーだったら、鎌倉を作ってルンルン♪野宿をしていたかもしれない。

14:15。鎮西ヶ池(ちんぜいがいけ)。今日3度目のアイゼン装着。

稜線に出たところで初狩駅と滝子山山頂との分岐があるのだが、そこの写真を撮っていないところを見ると、写真を撮ることすら頭に浮かばなかったのだろうと思われる。

山頂に行くか、このまま下山するか。地図を見ると山頂までは、鎮西ヶ池からこの分岐までの距離と同じぐらいに見えた。一瞬迷ったが、ここまで来たのだから行くことにした。

すぐに「下山する勇気」という言葉が頭に浮かんだ。「ああ、あのとき山頂に行かずにそのまま下山していれば・・・」ってあとで後悔する自分を想像したのも事実。って、そんなたいそうなことでもないんだろうけれど、いまこうして振り返って考えると、予定時間を1時間半近く遅れているし、お昼も食べていない、この凍結路をヘッドランプで下山する可能性もあったことを考えると、ちょっと危ない決断だったかもしれないと思う。

実際登りもかなり急な上、すっかり凍り。アイゼンとステッキを持っていてよかった。8本爪ぐらいのちゃんとしたアイゼンでもよかったほど。

14:38。山頂。風が強い。気温1度。ただ天気はよく、360度最高の景色だった。気力も復活して(一瞬だったみたいだけど)写真を撮りまくった。っていうか、ここで写真を撮らなかったら何のためにカメラを2つも持って登ってるんだか!って感じだよね。

部長の判断でお昼を食べるのは中止して直ちに下山。折を見ておにぎりをたべることにした。この判断が大正解。ガイドブックによれば、2時間半ほどで初狩駅に着くことになっていたが、実際に駅に着いたのは18:23。3時間半ほどかかったことになる。登り以上に傾斜がきつい下山路。そのうえ道がすっかり氷になっていて枯れ葉で覆われている。所々ロープが張られているものの、道がはっきりしないところも少なくない。

15:22。標高1420m。平らなところを見つけて、おにぎりをほおばり、ブーツのひもを締め直す。15:31、下山を続ける。

|

« 山行記:滝子山2008年3月1日(土)3 | トップページ | 日本三奇橋 猿橋 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/11641448

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:滝子山2008年3月1日(土)4:

« 山行記:滝子山2008年3月1日(土)3 | トップページ | 日本三奇橋 猿橋 »