« 山行カレンダーをつけた | トップページ | 山行記:滝子山2008年3月1日(土)4 »

2008年3月22日 (土)

山行記:滝子山2008年3月1日(土)3

道証地蔵(みちあかしじぞう)から右手の林の中を歩くこと15分。

写真ではわかりにくいが、道が斜めになっている上に、アイスバーン。

左手はかなり深い谷。

しばし立ちすくんだ後、行き始めるが、引き返す。

軽アイゼンを装着することにした。

渡りきってから、アイゼンを外した。

この後何度かアイゼンをつけたり外したりすることになるのだが、このときはそれほど頻繁に着脱を繰り返すとは思っていない。

岩の上では歩きにくいため、アイゼンがどうしてもじゃまに感じられてしまう。

10分もしないうちに、急坂。迷うことなく再度アイゼンを装着。

凍結した道が枯れ葉で厚く覆われているために、ちょっと滑ると一気にバランスを崩してしまう。

標高950メートル。気温6度。天気予報では暖かくなるといっていたし、実際駅を出たときも暖かかったので、手袋を持ってこなくて間違いではなかったと思っていたのだが、このあたりで、やっぱり持ってきておくべきだったと後悔。暖かくても、手の保護のためにも手袋は必須だ。

計画策定も土壇場のいい加減なものだったし、天気予報をあてにして装備も不十分。

三丈ノ滝についたのが11:39。

すでにかなり遅れている。12:00には大鹿峠分岐に着いている予定なのに。大鹿峠分岐まで標高差は300メートル。まだ1kmほどある。13:30ぐらいには山頂につけるだろうか・・・と、このあたりでは考えていた。

わりと道標はあるのだが、この切石あたりから、道がはっきりしない箇所が多くなる。しかも林の中なのでGPSの中の男の子は「?(=ぼくどこにいるの~?)」と、全然役に立たない。

12:04 危うく迷子になりそうになったが、部長の「野生の勘」のおかげで事なきを得た。

「モチガ滝まで15分」って! ここから山頂までまだ2km以上あるぞ!

|

« 山行カレンダーをつけた | トップページ | 山行記:滝子山2008年3月1日(土)4 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/11630489

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:滝子山2008年3月1日(土)3:

« 山行カレンダーをつけた | トップページ | 山行記:滝子山2008年3月1日(土)4 »