« 山行記: 高水三山2008年2月29日(土)3 | トップページ | UUDの日本詳細1:25000道路ナビ+トポにGPSデータを落としてみる »

2008年3月31日 (月)

山行記: 高水三山2008年2月29日(土)4(終)

下りもまた急坂で、部長、プチ感激。

このあと、高水山(たかみずさん)に登れば下山。

左に行くと、高水山山頂に登らずに常福院に出る。まっすぐ行くと高水山。直進する。

結構きつい登り。で、山頂に行っても何があるというわけではないのだが…。

先ほどの分岐を左に行くとここに出る。ここにはトイレがあるので、岩茸石山でたくさん暖かいものを飲んでも安心。

トレールランをすると思われる人が2人(後に1人加わる)が境内でストレッチしていた。境内にポスターがあり、去年も高水三山でトレールランがあったらしい。今年は4月6日にあるようだ。

部長は鐘(どら?)を鳴らしてみたが、鈍い音しか出ず不満そうだった。

あとは軍畑駅まで下る。

ところがここで部長に…

部長の膝痛が再発! かなりつらそうだった。ブレークを取りながら下山。

今回ぼくの2つめの確認事項は、フィットネスバイクによる大腿四頭筋強化が膝痛緩和に役立つかどうかということだった。

ということで、今回はいつものステッキも使わず、膝のサポーターも使用しなかった。

ところがまったく痛みなし。

運動のおかげなのか荷物が軽いせいかは分からないが…。

ともあれ運動は継続していこうと思う。

吉野梅郷梅まつりには行きそびれたが、軍畑への道すがら、いろいろときれいな花を楽しめた。

平溝川でタマネギが水栽培(笑)されていたので撮ってみた。

軍畑に着くと、思いの外疲れていた。売店でアイスクリームを買って食べてしまった。「(奥多摩の)入門コース」だからといって侮れない。

前日、東京ではかなりの雨が降ったのでぬかるみになっていないか心配だったのだが、雨が降ったとは思えないほどで、まったく問題なし。先日やはりこちらの方に来た知人が、その日も前日東京ではかなりの雨だったのにもかかわらず、道は全然泥になっていなかったといっていた。ここは水はけがいいのか? そもそも雨が降らなかったのか? 地質のせいなのか?

惣岳山と岩茸石山の間の標高差はそれなりにあるが、岩茸石山から高水山はそれほどでもなく、縦走感を味わえるといっても…部長は、丹沢(三ノ塔、行者岳、塔ノ岳)はよかったなぁともらしていたが、丹沢と比べちゃあいけないんじゃないかと思う。だいたい丹沢は撤退こそしなかったけど…。

ともあれ、3週間ぶりの山行。楽しかった。気分転換になった。次に山に行けるのは早くても2週間後。

|

« 山行記: 高水三山2008年2月29日(土)3 | トップページ | UUDの日本詳細1:25000道路ナビ+トポにGPSデータを落としてみる »

山行記」カテゴリの記事

コメント

「高水三山」初めて聞く山ですが、お寺があったりして
結構歴史のある山なのでしょうか?
鈴鹿の山にも高水三山のようなお寺のある山があって
私もそんなところが好きでよく行きます。

やっぱりこの日は寒かったみたいですね
私が行ったところでも北風が強くて時々雪が舞ってました。

投稿: YAMACHAN | 2008年3月30日 (日) 19時18分

YAMACHANさん

ぼくが持っている関東の山ガイド4冊のうち、3冊に取り上げられているので、一応関東ではポピュラーなハイキングコースのようです。東京から交通の便がいいというのが、人気の理由の1つだと思います。わざわざ遠くから出かけてきてまで登ろうという対象かというと・・・。そういった意味でベテランのYAMACHANさんはご存じないのかもしれませんね。

ほかの方のブログを見てみても、2月3月は風がかなり強いようです。膝上まで雪が積もっていたというブログも見ました。

伐採をしたおかげで、以前よりも展望が開けているそうです。いいことなのかどうかはまた別なんでしょうけれども・・・。

投稿: 雪山でミルクティ | 2008年3月30日 (日) 19時35分

cherryblossom梅の里だから青梅って言うくらいだしねぇ・・。
(違う?)ゆずの里でもあるみたい。各種小鳥にも出会えるし、山梨
と違って蚊はまだいなかったね。

膝は大分復活・・と思っていたのだけれど、先程また再発。う~ん・・。

ポールでカバー出来るものではないのだな。へらへら笑いながら下山
していたけれど、実はかなり痛かった。

何気に高水三山って、霊山だったりして。忙しくなくなったら調べて
みるね。うちでの小槌も。 “金のつちのこ!”は見つけてうれしく
なっちゃってちょっと言い間違えただけじゃん。

ちなみにこの山頂印には穴ぼこがあけてあって、覗くと棒の折山が
見えるしくみになっている。

みんなが顔をくっつけるので、最初、サッカー選手よろしく、山頂
踏破記念にキスしてるのかと思ったcoldsweats01

投稿: yukiichigo | 2008年3月30日 (日) 20時29分

ぼくたちが見たときにはかれてしまっていた梅、あれ、やっぱり狼狽だったみたい。「蝋梅」happy01

いろんな人のブログに写真が出ている。おもしろいのはどれも似たようなアングルなんだよね。よほど見事だったのか、目にとまったんだろうね、あれだけいろんな人が写真を撮っているところをもると。ブログを対象に「高水三山」で検索するとたくさん見つかるよ。

投稿: 雪山でミルクティ | 2008年3月30日 (日) 20時48分

ほれみぃ。 あたりでしょ?

私だって知ってる事あるんだもん。

お花も良いけど、鳥に詳しかったら山歩き
しながら鳥と会話出来るのに・・。墓地で
からすとはお話できたけど。

投稿: yukiichigo | 2008年3月30日 (日) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/11971470

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記: 高水三山2008年2月29日(土)4(終):

« 山行記: 高水三山2008年2月29日(土)3 | トップページ | UUDの日本詳細1:25000道路ナビ+トポにGPSデータを落としてみる »