« 山行記:九鬼山(2008/03/9) 5 | トップページ | ガーミンのビスタHCxに日本詳細1:25000道路ナビ+トポを導入 »

2008年3月14日 (金)

山行記:九鬼山(2008/03/9) 6(終)

10分ほど、紺屋休場で休んでから出発。ちょうど山頂から男性が一人降りてきた。

「山頂手前、一部凍結していて危ないところがありますよ。気をつけていけば大丈夫だと思いますが」

持参した軽アイゼンをつけるべきかどうかちょっと考えたが、とりあえずそのままで進み様子を見ることとした。

今日のハイライトの1つめ。凍結したザレ場(ガレ場? 実は違いを分かっていない)。時折の落石もある。見回りの人だろうか、首からIDらしきものを下げた軽装の男性がやはり山頂側から下ってきた。谷川の一部には木がないので滑落したらかなり下まで落ちていくから気をつけてくださいと注意してくれた。

滑った人のあとも残っていた。下をのぞき込むと、白骨死体のようなものもあった(わけはないか)。

ステッキで何とか乗り切ったものの、いま考えるとやはりアイゼンをつけるべきだったと思う。けがをすることを考えれば、アイゼン装着やその後の手入れの手間なんてたいしたことではないのだが、目先の面倒くささにとらわれてしまいがち。

高尾山並み~と少し残念そうにしていた部長もちょっとスリルを味わって満足していたようだ。

ここを越えると、山頂までの平面所での距離は200メートルもないはずなのだが、ぼくのGPSは標高600メートル台。標高差300メートル? ありえない!

と、思ったのだが、あり得なくもないほど急な登りが、長い、長い。

11:49、山頂。78人の人たちがすでにいた。GPSの標高を970mで校正。(このおかげで下山路は正確なデータが採取できたのだろう)。

山頂はあまり展望がよくない。ちょっと下ったところの富士見平の方がいいですよとアドバイスしてくれたので、山頂では登頂証拠写真撮ってそそくさと下る。

FZ18を忘れてきたのが本当に悔やまれる。シートを敷いて、富士山を見ながらの昼食。風もなく日差しも暖かでまどろむには最高。

お供の3人もコンロ(PRIMUS(プリムス) スーパーマイクロメッシュバーナーIII)と一緒に証拠写真。

カップ麺2つ(通常のどんぶり型のやつ)。水700ml使用。握ってきたおにぎり4つ。インスタントのロイヤルミルクティを1杯。計1.0Lの水を昼食で使用。

今日2つめのハイライト。お昼寝タイム。日だまりのなか、うとうとしてのんびりと時間を過ごす。13:26、下山開始。取り立てて何も考えずに道のある方に歩き出す。山頂からまっすぐの道を下ったわけだが、予定していた愛宕コースは右に行かねばならなかったのだ。図らずも杉山新道の方を行くことになる。

なんともまあ、道標が地面においてないなんて。

このあたりはずっと杉の人工林らしく、花がむずむずしてくしゃみが止まらず、かなりつらい思いをした。上の方は松らしい。

14:23登山口に到着。1時間ほどの下山だった。禾生駅まではここから20分ほど。煉瓦の水道橋。この上と下を水が流れており、水の立体交差となっている。って、こっちの方向に出てきたら禾生駅には行けない。トンネルをくぐって反対側に出て朝日川を渡り、左折して国道139号線を道なりに行けば禾生駅。



(終わり)


どうやら気づかないうちにぼくたちはモグラになっていたらしい。

標高600メートルあたりから地中を登って山頂に出ていたようだ。

|

« 山行記:九鬼山(2008/03/9) 5 | トップページ | ガーミンのビスタHCxに日本詳細1:25000道路ナビ+トポを導入 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

fujiコメント練習

コメント入るかな? ちなみに高尾山好きに
失礼な箇所があるようなので、お詫び致します。

投稿: yukiichigo | 2008年3月15日 (土) 21時02分

・・・どうしてかなぁ。think

人好きずきだからいいと思うんだけれど。

グルメのコメントなんかでは、XXXはひどいとか、XXXは最高とか書いてあるのが普通。でもそれって主観だから、A子ちゃんがXXXは最低~angryっていうところでも、ぼくは好きだったり、B美ちゃんが絶賛するところでも、ぼくは?だったりするところがあるのと同じじゃないのかなぁ。

高尾山から夜景でビールなんてのも良いし。好みや目的でいろいろな意見があってかまわないんじゃないかな。

投稿: | 2008年3月16日 (日) 21時09分

bleahいや・・・わたしが。
高尾山並み~なんて言った事に対してですよ。

別になめてるわけじゃないんです。ただ今回
雪山の予感・・だったので。

高尾山も好きですよ。

九鬼山も岩岩あり、樹林帯あり、倒木式ハードルありで楽しかった。残念だったのは町の音が良く
聞こえちゃう事くらいかな。

登山口でリス見たしね。見たのよ、本当にいたのよ。信じてくれないけど。

投稿: yukiichigo | 2008年3月16日 (日) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/11374670

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:九鬼山(2008/03/9) 6(終):

« 山行記:九鬼山(2008/03/9) 5 | トップページ | ガーミンのビスタHCxに日本詳細1:25000道路ナビ+トポを導入 »