« 山行記:九鬼山(2008/03/9) 3 | トップページ | 山行記:九鬼山(2008/03/9) 5 »

2008年3月12日 (水)

山行記:九鬼山(2008/03/9) 4

「カシミール3D GPSで山登り」の中で用意されているルートは札金峠(さつかねとうげ)経由で九鬼山山頂を経て池の沢コースを下って田野倉に戻るという周遊ルートだったのだが、「駅から山歩き」のルートにあわせてわざわざデータを作り直して、愛宕ルート経由で禾生駅から帰路につくことにした。

 

が、この沢を見ると、池の沢コースの方が気持ちよさそうだ。次回はこのコースを行ってみたい。ただ、沢なら滝子山の方が断然いいだろうな。まああちらは、日曜にさくっと山登りってほど楽ではないから、池の沢コースを歩く機会も今後あるかもしれない。

さらに10分ほどで林道が終わり、左手に山道が見えてくる。標高約510メートル。気温10度。部長は「リスがいた!」と叫んでいたものの、ぼくは目撃できず。どこかのブログで、猿がいるという記述を見た記憶がある。富士見平でご飯を食べていたときに、地元の人とおぼしきグループが昔はイノシシがよく出たと話していた。熊に注意の標識は見なかったような気がする。

 

10分ほどで馬立山分岐点。10:30到着予定。到着したのは10:15。田野倉駅を予定より10分早く出たので、すでに15分予定よりも早いことになる。

道標にあるとおり向かって右手の九鬼山方面に向かう。

のだが、地面にこんなものが。

道標の足の部分に、ゴミのように捨ててあるがごとき標識。あ、札金峠(さつかねとうげ)経由で行くんだったと思いだして、またしても道を戻って左に進む。

札金峠への道はちょっと足下が危うい感じ。しかもこのあたりから、用意していたGPSのコースからかなりずれ始める。

|

« 山行記:九鬼山(2008/03/9) 3 | トップページ | 山行記:九鬼山(2008/03/9) 5 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011996/11369031

この記事へのトラックバック一覧です: 山行記:九鬼山(2008/03/9) 4:

« 山行記:九鬼山(2008/03/9) 3 | トップページ | 山行記:九鬼山(2008/03/9) 5 »